安心安全、からだにやさしい自然栽培綿カーテン

3月下旬に見積もりフォームよりお問い合わせをいただいたYさん宅に、先日カーテンを納めました。
YさんはCS(化学物質過敏症)を発症してしまい、安全なカーテンを探していらしたとのこと。
お問い合わせをいただいてから、見積もりを出すと同時にカーテンの布サンプルをお送りして、問題ないか確認をしていただき、メイルで仕様や予算についてのやりとりを重ねた後、ご注文をいただきました。
(自然栽培綿カーテンは、CSの方でもごくまれに合わない場合がございます)

配送便だったので写真はなく、お顔もあわせていないのですが、感想のメイルをいただきました。
===ご本人の了解を得られましたので転載させていただきます===
 
カーテンを取りつけてから、化学物質過敏症の症状が回復しています。
何より、良く眠れるようになりました。
まだ寝室の何かに反応していて、たとぱにさんのカーテンを取りつけたリビングで寝ています。

寝室は、荷物を全て出したのですが症状がおさまらず、部屋のリフォームが必要のようです。
寝室に入れるようになったら、カーテンを購入したいと考えています。
その際は、よろしくお願いいたします。

 
このようなメイルをいただくと、この仕事をやっていてよかったなとあらためて思います。
自分の住まいにいながら、なにかの化学物質に反応して具合が悪くなってしまうなんて・・・本当にお困りだと思います。
 
サンプルや印刷物をお送りした際にも「印刷類やボールペンの有機溶剤にも反応してしまうので夫が帰って来ないと中身を確認できず・・・」ということでした。
 
化学物質過敏症は誰でもがなりうる病気です。でもなぜか認知度が低く、誤解している人も多いのが現状。
一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩だと思います。

★化学物質過敏症とは
(Wikipediaより)
薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。
人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。

(CS支援センターHPより)
さまざまな種類の微量化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)
重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。
 
CS支援センター「安全な生活のための食品・生活用品リスト2014年版」に掲載されている「きなりの部屋」のカーテン=たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンです。
すべての発症者に合うとは限りませんが、お気軽にお問い合わせください。
 

化学物質過敏症 まずは知ることから

化学物質過敏症に関するテレビ番組が今晩あるようです。
24時55分から、日本テレビで放送されます。
(再放送:3月3日(日)11:00~BS日テレ 5:00~/24:00~CS「日テレNEWS24」)

リンクが切れていたため、You Tubeにアップされていたものを改めてリンクし直しました。↓
NNN特集「化学物質過敏症私たちは逃げるしかないのですか」

それと、見逃していたのですが1月の終わりにもこんな番組があったようです。
今は見逃してもこうやってあとから視聴できるので助かります。
 
こちらもリンク切れしていたので、改めてリンクしました。
every特集「ある日突然・・・化学物質過敏症に苦しむ人たち」2019/1/23放送

化学物質過敏症は誰でもがなりうる病気です。
でもなぜか認知度が低く、病気のことを精神疾患だと誤解している人や、知らないがために加害者となってしまうケースもあります。
一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩だと思います。

★化学物質過敏症とは
(Wikipediaより)
薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。
人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。

CS支援センターHPより)
さまざまな種類の微量化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)。
重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CS支援センター「安全な生活のための食品・生活用品リスト2014年版」に掲載されている「きなりの部屋」のカーテン=たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンです。
すべての発症者に合うとは限りませんが、お気軽にお問い合わせください。
 

まだまだ知られていない「化学物質過敏症」

たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンは「化学物質過敏症」の方にも使っていただいています。
重度の化学物質過敏症の方は外出することも困難なので、電話やメイルで問い合わせをいただいたり、ご紹介いただいて訪問するようなケースも時々あります。
化学物質過敏症を自覚し、身の回りのものに気をつけはじめた、という方がご来店いただくことも年に数件あります。喜ぶべきことではないのですが、ここ数年で増えてきているように感じます。
(患者さんの数は国内で70〜100万人ともいわれています)
 
香りの害で「香害」という言葉もよく耳にするようになりました。
 
化学物質過敏症は誰でもがなりうる病気です。
でもなぜか認知度が低く、病気のことを精神疾患だと誤解している人や、知らないがために加害者となってしまうケースもあるようです。

リスクを知らないことは怖いこと、このブログで今まで以上に「化学物質過敏症」や「香害」のことについて、少しずつ情報発信をしていこうと思います。微力ですが・・・

一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩かと。

★化学物質過敏症とは
(Wikipediaより)
薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。
人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。

CS支援センターHPより)
さまざまな種類の微量化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)。
重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。
※化学物質過敏症は、日本ではCSとも呼ばれますが、欧米ではMCS(Multiple Chemical Sensitivity=多種類化学物質過敏症)の略称のほうが一般的です。

CS支援センター「安全な生活のための食品・生活用品リスト2014年版」に掲載されている「きなりの部屋」のカーテン=たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンです。
すべての発症者に合うとは限りませんが、お気軽にお問い合わせください。
 
 

化学物質過敏症の娘さんのためのマンションリフォーム 自然栽培綿カーテン納品事例 1604

【1604 国分寺市マンション I さん宅】
 
自然素材を中心にリフォームをされたマンションの I さん宅。

出窓に、一つ山縫製 レースカーテン 布:R-30
手前のカーテンボックスに、一つ山縫製 ドレープカーテン 布:N-04

IMG_4615

写真では布の表情までわかりませんが、ドレープの布はワッフル地。
光を透かした時に見える凹凸が、お部屋をやわらかい雰囲気にしていました。

IMG_4621

寝室には、最も厚手の布:N-03 を納めたのですが、うかがった日には吊り下げられず。
残念ながら撮影できませんでした。

I さん宅は「化学物質過敏症」を発症してしまった娘さん(20代?)が快適に暮らせるよう、中古のマンションを購入してリフォームされたのだそう。
杉材にもアレルギー反応をしてしまうとのことで、素材を厳選してのリフォームだったようです。
自然素材ならなんでも大丈夫、というわけにもいかないのですよね。

設計施工は墨田区向島にある駿河屋さん。
自然素材の注文住宅、リフォームを得意とされている工務店さんです。
 

安心な空気とカーテン

「自然栽培綿」と聞くとなじみが薄いでしょうが、オーガニックコットンと言うとイメージがわくのではないでしょうか。(自然栽培綿は究極のオーガニックコットンです * )
オーガニックコットンといえば、ベビー用品や女性の肌着などで使われることが多いですが、カーテンをオーガニックで・・・という考えをもたれる方、残念ながらまだまだ少ないです。

そもそも食べるものや、肌に触れるものはオーガニックでも住まいに関してはどうでしょうか?
シックハウス症候群、化学物質過敏症という病気が知られるようになり、建材関係には多少意識がいくようになりました。
ところがなぜかインテリアの備品に関しては、法的な規制も少なく、まだ世間の認識も薄いように感じます。

お部屋の中の空気を安心なものにするためには、窓にかけるカーテン布の選択が重要であるということ、あまり知られていないので、私共ももっとアピールしなくてはと思います。

当たり前ですが、空気は食べ物と同じように口から体に入ります。安心な空気をお腹いっぱい食べたいですよね。