お店をやっている人が化学物質過敏症を発症してしまったら…

誰しも発症する可能性のある化学物質過敏症。
でもなぜかとても認知度が低く、その無理解や誤解が当事者達をよけいに苦しめ、孤立化につながったり、病気を悪化させているケースもあります。
私は病気の当事者ではありませんが、化学物質過敏症の方達と接する機会があり、その孤独な闘病生活の話を聞くといたたまれない気持ちになります。一人でも多くの方の理解が進むよう、微力ながらここで情報発信をしております。
 
お店をやっている人が化学物質過敏症を発症してしまった例として、2つのケースを最近知りました。
フェイスブックがきっかけで、面識もない方達のことですが、ここにご紹介させていただきます。
 
『宮城県多賀城市にあるコトリコーヒーさん』コトリコーヒーさんfacebook
2018年夏より人工香料による体調悪化、夫婦揃って化学物資過敏症の診断を受け、店内での香料自粛を呼び掛けながら営業を続けていらっしゃいます。
「お願い事が多くて日本一入りにくいカフェになってしまった」となげきつつも「化学物質過敏症の患者さんや柔軟剤などの香りが苦手な方にとって安心して食事をしたりコーヒーを飲んだりと、逃げなくても大丈夫な場所になりました」と書いていらっしゃいました。
めんどくさいとか残念などと言われることもあるそうです。
 
『東京都京橋にある 京橋屋カレーさん』 京橋屋カレーさんfacebook
2006年開店以来、素材にこだわったオリジナルスパイスカレーを提供されてきたお店で、お店のご主人が2018年にたばこの有害物質が原因で化学物質過敏症を発症。
身体に有害物質を感じると、痛みや腫れ、しびれなどの症状が現れ、お店の営業に支障をきたしてしまうので、禁煙のお願いと、香水や衣料用洗剤の香り成分などをまとっている方のご来店も遠慮してもらったりと、事情を説明しながら店内営業をされてきました。
それでも来店されるすべての方の理解を得ることは難しく、心ない言葉を浴びせられたりいろいろなご苦労があったそうです。
試行錯誤のすえ、2019年5月からはテイクアウト専門にお店の形態を変えられました。

京橋屋カレーさんのお店をレポートした方の記事がこちらにありました。 
 
 
病気を発症すると、仕事の内容や病状によっては、仕事を続けられないケースも多いです。
たとえ仕事を続けられたとしても、いろいろな工夫が必要で、ご苦労があります。
そして周囲の理解と協力がなければなかなか成り立たない。
理解が深まり、働きやすい環境となることを願います。
 
 
 

給食の白衣の香り

先日、娘が学校から給食の白衣を持ち帰り、うっかり他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れてしまったら、白衣に残っていた香料が他の洗濯物にもうつってしまい、数日間匂いがして不快な思いをしました。
 
最近の合成洗剤(柔軟剤?)には、香りが長続きするよう香り成分を特殊なカプセルに包み、繊維に長くとどまるようにしているものがあるようです。このカプセルは一度衣服に付くとカプセルが割れるまでいつまでも残っていて、洗濯しても効果は落ちないとか・・・!

娘も私も化学物質過敏症ではないし、体調不良とまではいかないけれど、この匂いはとっても不快です。
こういった人工香料が満ちた教室で、子供達が日々過ごしているのかと思うと不安にもなります。
気になりながらも見過ごしてきた小学校生活ももう最後の年。
今後の子供達のためにも、学校に伝えるべきかなと考えたりしています。
(調べて見たら、においのきつい柔軟剤を禁止している学校もあるそうです)
 
匂いの好みはいろいろだし、汗のニオイ対策に良かれと思って使っている人も多いはず。
しかし一見いい匂いの人工香料が、ある人達にとっては毒ガスのようなものであるという現実。
こわい世の中です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
誰しも発症する可能性のある化学物質過敏症。
微量の化学物質により、めまい,頭痛,吐き気,のどの痛みなどのさまざまな症状が出て、日常生活が困難になる病気。
新築の家の建材や農薬が原因になることが多いと考えられてきたが、香料を使った日用品による香料公害も問題視され始めている。
患者数は全国で70万人とも100万人ともいわれているが、なぜか認知度が低く、誤解している人も多い。
一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩と考え、微力ながら情報発信中。
 

 

香害110番

日本消費者連盟が制作した『香害110番』のDVDを、Sさんが貸して下さってので視聴しました。
 
※香害とは:柔軟剤、消臭除菌スプレー、制汗剤、芳香剤、合成洗剤などの強い香りを伴う製品による健康被害のこと。
 
近隣の洗濯物や職場、学校などで充満する香害で、日常生活を送れないほどの苦しい症状を抱えている人がいて、いまや100万人とも言われているそうです。

DVDの中では、苦しむ人のリアルな声が紹介され、教室に入りたいのに入れず学校を休まざるを得ないお子さんの事例もありました。ほんとうに痛々しい・・・
立ち上がった患者や市民団体、周囲の理解を求めるために動きだした草の根の運動も紹介されてていて、地方自治体や議会、学校の中にも理解ある人がいることに、少しはホッとさせられました。
ここまで社会問題になっているのに、企業や政府機関が逃げ腰というのが、私には理解できません。
 
テレビで大々的にコマーシャルがされ普通にお店で売られているものが人に害を及ぼしているなんて、身近にそういう人がいないと、一般の人にはなかなか想像しにくいことだと思います。
 
“香害をなくす“運動がこれからも広まることを願っています。
私も微力ながら情報発信。一人でも多くの方に、まずは知ってもらうことから。
 
こちらからDVDの購入もできるようです。
DVDの売上金は香害をなくすための運動資金にもなるようなので、私もこれから購入するつもり。
 
 

安心安全、からだにやさしい自然栽培綿カーテン

3月下旬に見積もりフォームよりお問い合わせをいただいたYさん宅に、先日カーテンを納めました。
YさんはCS(化学物質過敏症)を発症してしまい、安全なカーテンを探していらしたとのこと。
お問い合わせをいただいてから、見積もりを出すと同時にカーテンの布サンプルをお送りして、問題ないか確認をしていただき、メイルで仕様や予算についてのやりとりを重ねた後、ご注文をいただきました。
(自然栽培綿カーテンは、CSの方でもごくまれに合わない場合がございます)

配送便だったので写真はなく、お顔もあわせていないのですが、感想のメイルをいただきました。
===ご本人の了解を得られましたので転載させていただきます===
 
カーテンを取りつけてから、化学物質過敏症の症状が回復しています。
何より、良く眠れるようになりました。
まだ寝室の何かに反応していて、たとぱにさんのカーテンを取りつけたリビングで寝ています。

寝室は、荷物を全て出したのですが症状がおさまらず、部屋のリフォームが必要のようです。
寝室に入れるようになったら、カーテンを購入したいと考えています。
その際は、よろしくお願いいたします。

 
このようなメイルをいただくと、この仕事をやっていてよかったなとあらためて思います。
自分の住まいにいながら、なにかの化学物質に反応して具合が悪くなってしまうなんて・・・本当にお困りだと思います。
 
サンプルや印刷物をお送りした際にも「印刷類やボールペンの有機溶剤にも反応してしまうので夫が帰って来ないと中身を確認できず・・・」ということでした。
 
化学物質過敏症は誰でもがなりうる病気です。でもなぜか認知度が低く、誤解している人も多いのが現状。
一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩だと思います。

★化学物質過敏症とは
(Wikipediaより)
薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。
人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。

(CS支援センターHPより)
さまざまな種類の微量化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)
重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。
 
CS支援センター「安全な生活のための食品・生活用品リスト2014年版」に掲載されている「きなりの部屋」のカーテン=たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンです。
すべての発症者に合うとは限りませんが、お気軽にお問い合わせください。

 

化学物質過敏症 まずは知ることから

化学物質過敏症に関するテレビ番組が今晩あるようです。
24時55分から、日本テレビで放送されます。
(再放送:3月3日(日)11:00~BS日テレ 5:00~/24:00~CS「日テレNEWS24」)

リンクが切れていたため、You Tubeにアップされていたものを改めてリンクし直しました。↓
NNN特集「化学物質過敏症私たちは逃げるしかないのですか」

それと、見逃していたのですが1月の終わりにもこんな番組があったようです。
今は見逃してもこうやってあとから視聴できるので助かります。
 
こちらもリンク切れしていたので、改めてリンクしました。
every特集「ある日突然・・・化学物質過敏症に苦しむ人たち」2019/1/23放送

化学物質過敏症は誰でもがなりうる病気です。
でもなぜか認知度が低く、病気のことを精神疾患だと誤解している人や、知らないがために加害者となってしまうケースもあります。
一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩だと思います。

★化学物質過敏症とは
(Wikipediaより)
薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。
人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。

CS支援センターHPより)
さまざまな種類の微量化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)。
重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CS支援センター「安全な生活のための食品・生活用品リスト2014年版」に掲載されている「きなりの部屋」のカーテン=たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンです。
すべての発症者に合うとは限りませんが、お気軽にお問い合わせください。
 

カナリアップ

以前にこのブログでご紹介した動画「カナリア達の叫び」にも登場していた、北海道ニセコのお菓子屋さんが発起人となり、香害や化学物質過敏症のことを世の中に知ってもらうために「カナリアップ」というプロジェクトが立ち上がったそうです。(2018年6月)

カナリアの方々に情報とサポートを提供すると同時に、香害や化学物質過敏症の知名度アップのための情報提供やグッズの販売をされていくのだそう。
陰ながら応援をさせていただくことにしました。

まずはそこで紹介されいた冊子を購入しました。
化学物質過敏症について、漫画などでわかりやすく解説されています。

たとぱにの店頭に置き、話のきっかけに配布したりと活用させていただくつもりです。

もしご希望がありましたら、お声掛けください。

冊子の内容はこちらのページにも公開されています

カナリアップ HP