自然素材のDIY:冷蔵庫に手漉き紙貼り★手漉き紙使用事例1111

旧たとぱに店舗で使っていた冷蔵庫、ネパールの手漉き紙を貼っておりました。(紙の品番:41C01/PV
当時は、お店のスペースが無駄に(?)広くて、なぜかオープンキッチンもあり、料理教室や出張カフェなどにも使ってもらっていました。なつかしい・・・
それで、大きな冷蔵庫が空間のど真ん中にあり、家電って違和感あるよなあー、ということである日紙を貼りました。
 

 
巨大な紙の箱のようで、これなに?え、冷蔵庫?という感じで、なかなかに好評でした。
使っていくうちに、手で触るところは紙が毛羽立ってきたり、はがれたりしましたが、部分補修をしていました。
残念ながら、お店の移転先には持って行かれず、処分をしてしまったので今は手元にありません。


 
これを見て、自分で貼ってみたと紙を購入してくださった方もいらっしゃいましたし、
うちの冷蔵庫にも貼ってほしい、と依頼を受けて私が貼りに行ったことも2回ぐらいありました。
自分の家にあった小さな冷蔵庫には焦げ茶色の紙を貼り、重厚な雰囲気の冷蔵庫になりました。
 
調子にのって、お店のレジにも紙を貼っていました。
なにか目障りのものがあったら(?)是非、トライしてみてください。

ツルツルしたものに紙を貼る場合は、糊に強度をもたせるために木工ボンドを少し混ぜます。
紙は水に濡れた状態で貼るので、曲線にもなじみますし、細かな部分は紙を小さくして貼りこみます。
きちんと割付して貼ろうとせずに、ラフにやっていくのがコツかもしれません。
 
あ、でも機械類に貼る場合は、排気排熱などの機能を損なわないように、電池交換や故障の際のメンテナンスに支障がないようにというのは意識しておきましょう。(自己責任でお願いします〜)

手漉き紙を壁に貼る方法こちら