ウクライナ支援のチャリティー販売:4月24日(日)から

ウクライナへの支援を目的とした、チャリティー販売をすることにしました。
たとぱに店頭にて、準備が出来次第:4月24日(日)からの予定です。

販売するものは、自然栽培綿のはぎれで作成した布小物や、シュロの葉のかごなど、手作り品が中心です。
売上金のすべてをウクライナの人道支援活動をしている個人及び団体に寄付をいたします。


↑はぎれで作成したコースター。たまねぎの皮で生地を染めて黄色に。青い糸で飾りをつけてウクライナカラーに!

 
今のところ、支援先として決めているのは、ポーランド在住の日本人女性
★「SLOWART」藤田泉さん (国立の「カゴアミドリ」さんを通じて知りました。)

ウクライナからたくさんの避難民が入ってきているポーランド。
藤田さんが住む町(ポーランド中西部のトルン)にもたくさんの避難民がいらしていて、ご自宅に難民家族を受け入れたり、避難生活を余儀なくされている人々への支援物資を直接届けていらっしゃいます。
また、地元のNGO(トルン・ウクライナ支援リーグ)と共に、人道支援活動をされています。
こちらに活動の報告がされています。https://www.slow-art.pl/ukraine

普段から自然災害などの募金のために、木のヒゲ長谷川さんと少しずつためていた豚の貯金箱の中味は、第一弾として送金したところ。
チャリティー販売の売上は1ヶ月後を目処に、ある程度たまったら寄付をするつもりです。
その際にはまたこちらでご報告いたします。

日々、目に入ってくるロシアの軍事侵攻の様子は、実際に起こっていることだと認識したくないようなことばかりで心が痛みます。
一刻も早い停戦を願っています。

現実にはウクライナ以外にも世界のあちこちに紛争があり、避難民や難民となってしまった人たちがいること、改めて認識させられます。
争い事は永遠になくならないのでしょうか? 人の命よりも大切なものってある? たくさんの疑問が浮かびます。
いつか、世界に平和がおとずれると信じて。