まだまだ知られていない「化学物質過敏症」

たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンは「化学物質過敏症」の方にも使っていただいています。
重度の化学物質過敏症の方は外出することも困難なので、電話やメイルで問い合わせをいただいたり、ご紹介いただいて訪問するようなケースも時々あります。
化学物質過敏症を自覚し、身の回りのものに気をつけはじめた、という方がご来店いただくことも年に数件あります。喜ぶべきことではないのですが、ここ数年で増えてきているように感じます。
(患者さんの数は国内で70〜100万人ともいわれています)
 
香りの害で「香害」という言葉もよく耳にするようになりました。
 
化学物質過敏症は誰でもがなりうる病気です。
でもなぜか認知度が低く、病気のことを精神疾患だと誤解している人や、知らないがために加害者となってしまうケースもあるようです。

リスクを知らないことは怖いこと、このブログで今まで以上に「化学物質過敏症」や「香害」のことについて、少しずつ情報発信をしていこうと思います。微力ですが・・・

一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩かと。

★化学物質過敏症とは
(Wikipediaより)
薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。
人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定以上超えると引き起こされるとされており、個人差が大きいといわれる。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。

CS支援センターHPより)
さまざまな種類の微量化学物質に反応して苦しむ、化学物質過敏症(Chemical Sensitivity=CS)。
重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。
※化学物質過敏症は、日本ではCSとも呼ばれますが、欧米ではMCS(Multiple Chemical Sensitivity=多種類化学物質過敏症)の略称のほうが一般的です。

CS支援センター「安全な生活のための食品・生活用品リスト2014年版」に掲載されている「きなりの部屋」のカーテン=たとぱにで扱っている自然栽培綿カーテンです。
すべての発症者に合うとは限りませんが、お気軽にお問い合わせください。