手漉き紙の使用例:スマホカバー

自分のスマホカバーに手漉き紙を貼り、気に入って使っています。

基本的には壁などに貼る時と同じやり方で、刷毛で紙にササッと水を塗った後に、糊を塗って貼っています。
水にぬれた状態なので、曲面部分に貼る際にも形がなじみやすく、意外ときれいに貼れるものです。
ただ貼る面がツルツルしているので、接着力強化のために小麦粉糊に木工ボンドを少しまぜています。

 

手触りがしっとりあたたかな感じになり、とても気に入ってい使っていました。
しかし雨の日にうっかり湿らせてしまい、部分的にはがれてきて・・・いきなり劣化。
半年ぐらい使ったあと、第二弾としてまた別の紙を貼りました。
 


 
今回のほうが厚さが薄い紙だったので、内側にもしっかり巻き込んで貼りました。このほうがきれいに仕上がりました。
 

意外とスマホケースって、気にいるものがみつからなかったりするので、自分で作るのも楽しいですよ!