給食の白衣の香り

先日、娘が学校から給食の白衣を持ち帰り、うっかり他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れてしまったら、白衣に残っていた香料が他の洗濯物にもうつってしまい、数日間匂いがして不快な思いをしました。
 
最近の合成洗剤(柔軟剤?)には、香りが長続きするよう香り成分を特殊なカプセルに包み、繊維に長くとどまるようにしているものがあるようです。このカプセルは一度衣服に付くとカプセルが割れるまでいつまでも残っていて、洗濯しても効果は落ちないとか・・・!

娘も私も化学物質過敏症ではないし、体調不良とまではいかないけれど、この匂いはとっても不快です。
こういった人工香料が満ちた教室で、子供達が日々過ごしているのかと思うと不安にもなります。
気になりながらも見過ごしてきた小学校生活ももう最後の年。
今後の子供達のためにも、学校に伝えるべきかなと考えたりしています。
(調べて見たら、においのきつい柔軟剤を禁止している学校もあるそうです)
 
匂いの好みはいろいろだし、汗のニオイ対策に良かれと思って使っている人も多いはず。
しかし一見いい匂いの人工香料が、ある人達にとっては毒ガスのようなものであるという現実。
こわい世の中です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
誰しも発症する可能性のある化学物質過敏症。
微量の化学物質により、めまい,頭痛,吐き気,のどの痛みなどのさまざまな症状が出て、日常生活が困難になる病気。
新築の家の建材や農薬が原因になることが多いと考えられてきたが、香料を使った日用品による香料公害も問題視され始めている。
患者数は全国で70万人とも100万人ともいわれているが、なぜか認知度が低く、誤解している人も多い。
一人でも多くの人がこの病気について知り、理解をすることが第一歩と考え、微力ながら情報発信中。