クリップカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1508

【1508 府中市 Mさん宅】

ドレープ、レース共にクリップ式。
▼ドレープ 布品番:Tー05 茶綿のライン(太さ15mm)が12㎝間隔で入っている生地。
▼レース 布品番:R−30 きなりの無地、薄手のやわらかて素朴な風合いの生地。

ドレープ、レース共にクリップ式。
▼ドレープ 布品番:Nー10 茶綿の細めの糸で密度をつめて織ったシンプルな平織りの生地。
▼レース 布品番:R−30 きなりの無地、薄手のやわらかて素朴な風合いの生地。

クリップ式カーテンは、布幅をそのまま使います。
どちらの窓も布1枚:片開きでちょうどいい窓の大きさでした。

カーテンレールの位置が窓枠の上だったので、クリップの下にできる隙間が気になりませんでした。
(窓枠にレールが付いている場合は、光の漏れが気になる場合があります)

たとぱにのお店が国立駅南側のビルの3階にあった頃から、来てくださっていたMさん。
当時は時々天然酵母のパンを販売していて、Mさんはお気に入りのパンをよく買いに来てくださっていました。その頃から「いつかカーテンを」と思って下さっていたそうで、本当にありがたいご縁です。
今回はお引越しのタイミングで、カーテンの注文に来て下さいました。

新しい生活の拠点で、このカーテンと共におだかやかな日々が過ごせますように。