きらめ樹間伐 体験!

野外レッスンからの流れで・・・森の活動のご案内です。
先日の野外レッスンに参加したかったけどできなかった、という方にも朗報です!

きらめ樹写真-1

きらめ樹間伐 体験!~誰でもできる、森を守る方法~ 
日時:8月6日(土) 10時~15時半
   (10時:奥多摩駅集合/15時半:奥多摩駅解散)
場所:奥多摩の森  
指導:森と踊る 株式会社 三木さんほか
内容:間伐する木を選ぶ作業~きらめ樹間伐まで
   ★杉・檜の皮の持ち帰りもできます。
参加費:大人 3500円 子ども(中学生まで)無料
申込み:青梅・賢治の農楽校 鈴木 
    maki.72@live.jp または 0428-78-3117

  (留守番電話にお名前と連絡先を入れてください)

呼びかけは、青梅・賢治の農楽校さん。木のヒゲの長谷川さんも同行します。(私は行かれず…残念!)
夏休みなので、お子さんと一緒に体験してみるのもおすすめです。

以下はご案内のチラシより抜粋
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
きらめ樹は、森のしくみを学びながら、誰でもできて、森を持続し守る方法!

まず、簡単で誰でもできます。それでいて、森や木のことをよく知ることができます。
そして、なによりも楽しいです。

一般的な森の間伐は、とにかく職人技。また最近では高価な重機を使ったりもし、だれでも簡単にできる技術でないことが多いです。これらはもちろん素晴らしい技術で、ここにもたくさんの感動があるのですが、素人では難しい。
しかし、きらめ樹間伐は、皮むき間伐ともいうのですが、簡単な道具で木の皮を剥いで、一定期間放置し水分を抜き、木を軽くしてから切り出すという方法。やろうと思えば、誰でもできるのです。
しかも、皮むきは木の美しさに触れ、感動!この作業を通して、森が変化し、生き生きとしていく、そういう姿に思いを馳せることも。それは放置され朽ちていくしかない森を救うことにつながります。

こんな、きらめ樹をぜひ、体験してみませんか。      

青梅・賢治の農楽校 鈴木真紀