木のヒゲの〈自然素材を編む〉2016′ 野外レッスン

木のヒゲの野外レッスンが6月よりスタートします。

先々週の日曜日に、1、2回目の会場となる青梅の畑へ、打ち合せを兼ねて行って来ました。
山道を上りきって空間が開けたところに畑があり、会場となるスペースがあります。
私自身が訪れたのは2回目ですが、とっても気持ちのよいところなんです。
ご縁があり、昨年より木のヒゲ長谷川さんの講座がここでも開催されています。

農楽校畑
この場所を運営されているのは青梅・賢治の農楽校、鈴木さん。自然農で畑と田んぼ等をされています。

たとぱにで開催している木のヒゲの講座は、基本的にいつもお店の2階の狭い室内。
時には外に出かけて行って素材に触れられたらいいね、という話しが出たところから、鈴木さんにご相談して、今回は青梅・賢治の農楽校さんとの共同開催ということで、貴重な機会をいただきました。

1
第1回目:6月12日には、20名以上の参加者の方と草の採取〜カゴ作りをします。
そのカゴを数人で試作して、改良点を話し合ったり、進行方法の確認などをしました。
どんな草が、どんな過程をふんで編まれて行くのか、自然の中で楽しく経験ができたら思っております。
 
2
野外レッスンは、素材の入手から作品づくりまで、という4回の連続講座で初の企画。
地味すぎて参加者が集まるか若干不安だったのですが、ありがたいことに多くの方に興味を持っていただいて、申し込みもあっという間に定員になってしまいました。
お問い合わせをいただきながら、ご参加いただけなかった方には大変申し訳ありませんでした。
検討した結果、定員を若干増やし、キャンセル待ちで該当する方にはご連絡さしあげています。