自然栽培綿カーテン納品事例 1511

【1511 東久留米/滝山団地】
団地のリノベーション物件にカーテンを納めて来ました。設計施工は相羽建設さん。
 
IMG_3137
 
↑その1 個室の窓にタイタック式(布品番:R−30)
窓枠に木の丸棒がはめ込まれていて、そこに布を掛けました。
カーテン用の木製ポールだと太さもあり、取付けのブラケットも大げさになってしまいがちなところを、シンプルな丸棒にしたことでとてもすっきりとした印象です。
後から枠の手前にレールを1本取り付ければ厚手のカーテンを追加することもできます。
  
IMG_3150
 
↑その2 水回りの入り口にクリップ式カーテン(布品番:R−30)
扉の変わりにカーテンという選択もありですよね。
こちらも、普通にカーテンレールを付けるのではなく、木枠の中にレールが埋め込まれていました。
ちょっとした設計の工夫で印象がだいぶ違います。
 

【自然素材で団地再生 木が香る我が家】というテーマで行われたリノベーション。
内装には無垢の木や珪藻土等が使われ、水回りもすべて新設されていて、とても明るく快適な空間でした。
 
室内にいると古い団地の中にいることを忘れてしまいそう・・・
そして一歩外に出ると、緑が多い古き良き時代の団地風景が広がっていました。
同じような昭和な団地で育ち、団地♡LOVEな私としては、周囲を散策したいぐらいでしたが、お店の営業があったので急ぎ足で帰って来てしまいました。なんだかとても懐かしかったです。
 
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

こちらの物件、明日と明後日:11月7,8日 内覧販売会が行なわれるそうです。
販売会となっていますが、見学だけでも大丈夫とのこと。
御興味のある方は是非! 詳細はこちら → 相羽建設さんHP