自然栽培綿カーテン納品事例 1406

   
【1406 国立市Yさん宅】 
寝室の窓。ドレープカーテンはスタンダードな一つ山縫製、奥のレースカーテンはクリップ式です。

    
ドレープ(一つ山縫製)/ 廃盤   レース(クリップ式)/ R-30  〈2014年6月〉
   
一つ山縫製とクリップ式。2つのスタイルを組み合わせるのには、下記のような理由があります。
◉クリップ式はレールとクリップの間にすき間ができるので、手前のドレープを一つ山にすることでそのすき間をカバーできます。
◉ドレープ、レース共に一つ山縫製だと予算オーバーという場合、費用をおさえられます。
 
寝室のカーテンは遮光の布でないとダメという方が時々いらっしゃいますが、
こちらの寝室の場合は、布を通して朝日を感じながら目覚めるのが良いとのことでした。
自然栽培綿カーテンに遮光仕様の布はありません。
(どうしても必要な場合は、別途に遮光の布をさがし、裏地として付けることになります)
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
納品例は順次アップしていく予定ができていなくて・・・今後少しずつ掲載していきます。
布の違いや空気感はなかなか伝わりにくいところもあるのですが、参考にご覧下さい。
 
この記事はブログ【きなり通信】2014/6/28記載 より、コピー(一部修正)したものです。