木の皮

 
今週の自然素材を編む会で使用する素材を、講師の長谷川さんが持って来て下さいました。
 
クルミの木の皮です。かたくて、ゴツゴツです。
これを編む前日から水につけておいてやわらかくして使用しますので、ご安心を。
なんだか、だし昆布とか食品の乾物みたいです。
皮は2種類、去年採取したものと、今年採取したものがあります。
皮をはぐのは梅雨入りしてからの方が木に水があがっていてはぎやすいけれども、表皮の白が美しくてなめらかなのは5月の連休あけなのだそうです。
ということで今年のは5月29日に採取したもので、白がきれいで、表と裏のコントラストを活かしたデザインが楽しめます。
  
 
開催日時は6月20日(金) 21日(土)
まだ空きがありますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
詳しくはこちらをご覧下さい→