いのちの林檎

福島の原子力発電所より漏れ出ている放射性物質を、気にしながら過ごす日々ですが・・・
他にも気にしなければならないものがいろいろとあることを、忘れてはいけません。
たとえば、同じように目に見えないさまざまな化学物質や電磁波です。
少し先、7月9日に「化学物質過敏症 知ってね☆映画祭2011」というイベンがあり、
化学物質過敏症、電磁波過敏症、に関するいくつかの映画の上映があります。http://www.mcslife.com/
きなりの部屋の「自然栽培綿カーテン」は化学物質過敏症の方にもお勧めしているもの。
勉強をかね、私も映画祭には行くつもりです。
中でも気になっているのが「いのちの林檎」という映画 
公式hp http://www.inochinoringo.com/index.html
昨年秋に公開され、一部で話題になっているドキュメンタリー映画です。
化学物質過敏症は身近な環境にある化学物質により引き起こされる病気。これは他人事ではありません。
まずは、なにごとも知ることから!
・・・つづき↓ 化学物質過敏症とは


– – – 住んでいる家から、食べ物から、外を歩けば排気ガス、電車にのれば殺虫剤、煙草の煙、街路樹の農薬、しらずしらず化学物質を鼻から喉から皮膚から吸収し、身体の中に溜めこんでいます。そしてその蓄積が、ある日突然限界点に達した時、化学物質過敏症を発症します。
発症すると、つい昨日まで使っていた生活必需品が牙をむいて襲いかかってきます。合成洗剤、消臭スプレー、芳香剤、柔軟剤、化学物質の僅かなニオイも耐えられなくなり、頭痛や吐き気、呼吸困難などを引き起こしてしまう、そんな恐ろしい病気が、化学物質過敏症なのです。 —いのちの林檎公式hpより