title_p_1
head_p_3
ネパールで作られる手漉きの紙は、力強くて自然な感触があり、バリエーションも豊かです。
壁紙、障子紙、ふすま紙、ランプシェード、などのインテリア関連の用途のほか、
文房具や作品作りの素材としてなど、自由にお使いください。
たとぱにで販売している手漉き紙は、「ロクタ紙」と呼ばれるもので、紙の材料は「ロクタ」という植物です。

「ロクタ」はジンチョウゲ科の高山植物で、ネパールの標高2600〜4400メートルの所に育成し、9、10月が成長期で、1.5〜2.1メートルまで成長します。
日本のミツマタより少し柔らかい木で、切っても再生力が強く、自然破壊をせずに産業の少ない山岳地方の人々の雇用を促す材料となっています。

・永続的に使用でき、優秀な耐久性を持つ
・柔らかく加工しやすい
・きめの粗い自然な感触が魅力
・細菌・昆虫などに抵抗力がある

といった特質があります。

ロクタの茎の樹皮を薄く剥がし、乾燥させた部分が紙の材料になります。
残りの部分は薪として使います。
全ての工程は手作業によって行われ、機械を使う必要がない、とてもエコロジックな工法です。

1. ロクタの茎の樹皮を薄く剥がし、束ねて5時間程水の中でさらします。
2. 柔らかくなった後、刃物で滑らかになるまで削ります。
3. 100度〜125度の温度で煮ます。
4. 柔らかくなったロクタ繊維をきれいな水で洗い、異物を取り除きます。
5. 石の上に置き、木斧でねばりが出るまで叩きます。
6. 少しづつ温かいお湯を入れ糊状の液体を作ります。
7. 木枠を浮かせ、厚みを調整しバランスよくすくい取ります。
8. 余分な水分を流します。
9. すぐに硬くあるので、木枠のまま一枚ごとに日光にあて乾燥させます。

バリエーションとして、

・自然の花や、草葉を漉きこむ
・天然オイルでコーティング
・草木染めで色着け
・縮みをつける

などがあります。
紙の中に様々なネパールの自然が織り込まれています。

title_p_interior

インテリアの素材として、壁紙、障子紙、ふすま紙、ランプシェード、などに使っていただいています。
紙だから〈和風〉ということはありません。空間のイメージにあわせて、自由な発想でご活用ください。 
手漉き紙はビニールクロスに比べて高価なので、部屋全体の壁に貼るのは、予算的に難しいといった場合、部分的に貼るのもインテリアの「ポイント」となり効果的です。
たとえば… 床の間の壁面や、リビングのメインの壁面など。楽しんで計画してみてください。

【壁・扉に貼った例】

p_interior_1

商品一覧はこちら

p-interior-gpoint
1. 調湿効果があります

梅雨時に障子紙がたわむように、壁に貼った手漉き紙も、湿気を吸いこんだり出したりします。
お部屋の空気に湿気が多いときには吸収し、 乾燥してくると湿気を放出しますので、結露を抑える効果もあります。

2. 光をやわらげます

手漉き紙表面の凹凸が光を乱反射するため、お部屋全体がやわらい光につつまれます。

3. 自分で貼って、はがせます。

でんぷん糊(小麦粉糊)で貼るので、はがしたい時には上から霧吹きで濡らすと、はがすことができます。
賃貸住宅等の場合、ビニールクロスの上に直接貼り、引っ越す際にははがせば現状復帰が可能です。

【障子・灯りに貼った例】

p_interior_2

葉っぱや花びらを漉き込んだ薄手の紙。
やぶけた障子や、照明の張り替えに使う方もいらっしゃいます。まずは身近なところから!    
そのほかの使用例については、こちらでご紹介しています。
冷蔵庫や椅子、茶箱に貼った例もございます。
インテリア以外にも、カバンを作ったり、ファイルやノート、アルバム等の表紙や紙の箱、作品の台紙としたり。

title_p_nouhinrei

たとぱにでは、お客様の感想や実際にご使用中の写真を募集しております。info@tatopani.jpまでお送りください。
ご協力頂いたお客様には、粗品をプレゼントさせて頂きます。(粗品の発送は行ってませんので、お手数ですが、ご来店ください)

syouji

《 障子に貼る:東大阪市Nさん 》

メイルでお問い合わせをいただき、下記のようなやりとりをしました。

Nさん「和室の障子の張り替えを計画しています。白い部分のポイントとして手透き紙を使いたいと思います。自分で障子紙を草木染めをする予定もあるのですが、可能でしょうか?光を通して紙の質感が美しいものが希望です。」
たとぱに「染めは可能です。私自身はPS8を柿渋で染めたことがあります。あわい茶色になって、きれいでした。おすすめの紙は、プレーンな薄紙PN2, 水を落とした模様が泡のようできれいなPS8、布が漉き込んであるPN20 、植物の葉や花びらを透き込んだ紙もおすすめです・・・」

その後、紙のサンプル画像を送ったりして、使う紙をご決定をいただきました。
紙の草木染めについては、補足説明として、下記のようなメイルで送りました。

「染め→乾かす工程で、紙が反ってしまいがちです。厚手の紙で壁に貼る場合は、反りも吸収されるのですが、障子の場合は紙がフラットになっていないときれいに見えません。染めた紙を濡れたまま、フラットなアクリル板やガラス板の上にのせて乾かすと、きれいにできます。また、その際は天日干しよりも、陰干しが好ましいです。」

そして、紙のご注文をいただき、お送りして数日後、写真が届きました。

Nさん「藍、玉ねぎ、タイム、レモングラス、コーヒーなどに染めて、障子に貼りました。ヒマラヤの手漉き紙がなんとも言えないいい雰囲気を出しています。」

子どもたちに音楽を教えるお仕事をされえいるというNさん。
これから歳をとっても社会と植物を通して繋がっていけたらいいなと、植物を通していのちと向き合っていけたらいいなと勉強をされているそうです。こんな風に植物の色を紙に映し出して、自然を感じることができるのは、素敵だなと思いました。ステンドグラスのようできれいです。