ワークショップ:マコモの葉でカゴを編む

コイリングという手法で、マコモ(イネ科の草)のカゴを作ります。
教えてくださるのは青梅在住の型絵染め作家の塩野さん。
 
草を巻きながらかがる紐は、カモミールで染めたラフィアを使います。
お渡しするマコモはお一人20本ほど、カゴの形は丸でも楕円でも、深さも自由です。
  
写真のかごは直径約24センチ。もう一つ形のちがうカゴを作成中~できたら写真をアップします。

🌾素材のマコモについて
この秋に長野県で収穫されたマコモの葉を、ご縁があって分けていただくことができました。
9月の下旬に、採取してすぐのものをお預かりして室内にぶら下げ乾燥させました。
うす緑色がきれいに残り、井草のような香りが楽しめます。
[そもそもマコモという植物をご存知でしょうか?]
マコモとは。水辺に群生するイネ科の植物で、成長すると大きいもので 2m程にまで伸びます。
『古事記』や『日本書紀』に登場するほど古くから食用や薬用、霊草として使われ、親しまれていた植物。
古代、神社のしめ縄は、強い浄化作用をもつマコモの葉で、編まれていたそうです。
近年は、薬効が高いことから、お茶などに加工され、健康志向の人達の間でじわじわと注目をされてきています。 
 
■定員:各回6~7人程度
■持ちもの:はさみ、エプロン、持ち帰り用袋
■費用:4500円/材料費込
■日時:11月28日(木) 10:00~15:00 
■予約方法:WEB SHOPからご予約できます。
お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。
tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp ご自身のお名前、連絡先、をお知らせください。

フワフワ綿のリース作り byアトリエCygnet

蔓をベースに、綿花やドライフラワーや木の実でリースを作ります。直径22センチ程度。
写真のリースには、綿花以外に綿の殻、ドライフラワーのタタリカ(紫色の小さな花)、ルリタマアザミ(薄紫色のボール型の花)が入っています。
素材はいくつかご用意しますので、お好みで選んでいただきます。
 

  
▼おしえてくれる人:矢島裕子さん
いけばな草月流師範 マミフラワーデザイン卒業 アトリエCygnet(シグネット) 主催 
今回たとぱにでのワークショップは初となります。
12月にはクリスマスリースのワークショップもしてくださることになっています。
     
■定員:各回4~5人程度
■持ちもの:はさみ、エプロン、持ち帰り用袋
■費用:4000円/材料費込
■日時:11月15日(金) 11月16日(土) am10:00~pm12:00 / pm13:00~pm15:00 
*おなじ内容で午前と午後に行います。
■予約方法:WEB SHOPでご予約が可能です。
 お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp
 ご自身のお名前、連絡先、ご希望時間帯をお知らせください。
 

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2019 – 9~10月ステップアップレッスン

ステップアップレッスンは2019年より新しくスタートしました(毎回お申し込み制です)
主にリピーターの方やカゴ編み経験者を対象とした、かご作りにじっくり取り込むコース。
1日では仕上がらない、少し大きな手間のかかる作品に約2ヶ月かけてじっくり取り組んでいただきます。
 
9.10月の課題は【ゴッズアイの大きな野菜かご】
1回目はある程度形になるところまで。あとは材料を持ち帰り、自宅で編み込みの続きをしていただき、約1ヶ月後に2回目のレッスンでかごの仕上げを習います。

写真のかごは幅約40~45㎝、深さ10㎝ほど。
最初に持ち手の素材(枝や太い蔓を曲げたもの)を選び、全体のフォルムを考えながら骨組みを作り、編み込んでいきます。
編み材は蔓(おおつづらふじを予定)と、樹皮などを使います。

■場所:東京都国立市/たとぱに店舗2階  
■定員:3人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食
■費用:1回目/4500円+ 材料代2000円=合計6500円 2回目/4500円(すべて税込です)
■日時:
1回目 / 9月20日(金) am 10:00~pm4:00
2回目 / 10月18日(金) am 10:00~pm4:00 1回目参加の際にご予約ください。
他の日程をご希望の場合は応相談。
■予約方法:WEB SHOPからご予約はこちら
✴お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp
ご自身のお名前、連絡先、ご希望日をお知らせください。
 

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2019 – 9月ワンデイレッスン

9月のワンデイレッスンのお知らせです。課題は【課題:採取した樹皮の加工】
7月の野外レッスンで採取した樹皮(杉、ヒノキ)を加工します。
素材採取には行かれなかったという方は、材料費(500円)をご負担いただければ参加可能です。
加工した素材は、10月のワンデイレッスンで編んでかごにします。9.10月と各1日ご参加ください。
 

 

表面を削ってととのえヒゴ状にカット。コツコツ地味な作業です。

■場所:東京都国立市/たとぱに店舗2階
■定員:4~5人程度
■持ちもの:花切りはさみ、カッターナイフ、30センチ定規、エプロン、持ち帰り用袋、昼食
■費用:4000円 素材採取に来られなかった方は+500円で 4500円
■日時:9月27日(金).29日(日) am 10:00~pm4:00 ※各回とも同じ内容です。
■予約方法:WEB SHOPからご予約はこちら
✴お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp まで、ご自身のお名前、連絡先、ご希望日をお知らせください。

木のヒゲの〈自然素材を編む〉番外編:とうもろこしの鍋敷き

木のヒゲ〈自然素材を編む〉 番外編:夏に集めた素材で「鍋敷き」を作るワークショップです。
青梅在住の型絵染作家でもある塩野さんがおしえてくださいます。

とうもろこしの葉を、草を束ねた輪っかに巻きつけて「鍋敷き」を作ります
輪っかは、藁またはカモミール、レモングラスなどの葉を固くたばねたものです。

↑ サンプルのなべしき  SIZE 直径12~15㎝

トウモロコシの葉はできるだけ各自でご用意ください。(予備にこちらでもある程度は準備しておきます)
鍋敷きを一個つくるのに、トウモロコシの葉が30枚ほど必要です。
★集められないという方は、ご相談ください。
(八百屋さんでトウモロコシの葉をまとめているものを、お願いして分けていただくという方法も)

■日時:9月6日(金) am10:00~pm12:00 / pm13:00~pm15:00
*おなじ内容で午前と午後に行います。 ←午前中は満席となりました
■定員:各回7人程度
■持ちもの:トウモロコシの葉30枚程度、はさみ、エプロン、持ち帰り用袋
■費用:2000円/材料費込(鍋敷きのベースとなる輪っか)

お申し込みの際は、ご希望の時間帯、氏名、連絡先をお知らせください。
tel/fax:042-574-2169 mail:info@tatopani.jp
web shop からもご予約可能です。

▼トウモロコシの葉の処理の仕方

一番外側の硬い葉ははがして捨て、内側の葉を使います。
葉を1枚ずつはがして広げ、3分程度ゆでて乾かしてください。
干して時間がたつと、写真のうすみどり色から白く変化します。

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2019 – 7月ワンデイレッスン

7月のワンデイレッスンのお知らせです。課題は【ブルキナ編みのかご】
アフリカのブルキナファソの籠編みの手法で、小さな花入れ又はお皿型のかごを作ります。
アレンジがいろいろとできる編み方なので、おぼえておくと楽しめますよ〜


サイズの目安 花入れ:直径約6~8センチ お皿型:直径約13センチ
編み方が特殊なので、いつもより少し小ぶりなサイズです。

■場所:東京都国立市/たとぱに店舗2階
■定員:3~4人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食 (はさみはなければ、お貸しできます)
■費用:4500円/材料費込
■日時:7月- 13(土), 26(金), 27(土) am 10:00~pm4:00 ※各回とも同じ内容です。
■予約方法:WEB SHOPより より可能です。
お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。お名前、連絡先、ご希望日をお知らせください。
tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp まで

初心者の方でもお気軽にご参加ください。

★8月のワンデイレッスンはお休みいたします。