SIMBOTI JAPAN TOUR2019 ムビラ演奏会

ジンバブエ、ショナ族に1000年以上前から伝わる土着信仰の楽器ムビラ。
日本人奏者である実近さんと神崎さんによる演奏会を何回かしてきましたが、そのお2人の師匠でもあるシンボッディ氏の日本ツアーが間もなくはじまります。そして、なんとたとぱにも演奏会場のひとつに!

9月17日(火) 平日の昼間ですが、予定の合う方は是非!
他にもいろいろな場所で開催されるので、スケジュールをチェックしてみてください。お見逃し&お聞き逃しなく!
https://wwwaru.wixsite.com/simboti2019/schedule

鉄と木でできたシンプルな楽器から奏でられる祈りの音楽、その音色は心とカラダにしみわたります。
是非是非、体感しにいらしてください。

Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019
“ わたしは進化してゆく 大いなる沈黙のなかで “
9月17日 火曜日
開場 13:00
開演 14:00
参加費 前売4000円/当日4500円

△ 予約・お問合せ先 △
田畑有子(たばた ゆうこ)
TEL : 090-6068-7115
MAIL : kailashseika@gmail.com
⭐たとぱにでも受け付けています。

緊急連絡先
実近修平(さねちか しゅうへい)
TEL : 080-6335-6962
MAIL : shuhei.sanechika@gmail.com
Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019
Facebook ページ
https://www.facebook.com/Rinos-Mukuwurirwa-Simboti-Japan-tour-2019-384924885709655/?modal=admin_todo_tour
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019 への想い ◇
いま地球上で多くの目覚めが起こっています。もう地球で起こっていることに目を背けることができない時代がやってきたと感じています。こうした潮流にあってSimbotiの奏でる音が存在たちにどう目覚めを促していくのか。わたしたちの野性を覚ますよう彼の音は誘います。太古からアフリカの大地で奏でられてきた智慧が、このタイミングの日本で展開されていくことにわくわくしています。
Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019 オーガナイザー・実近修平

◇ MBIRAについて ◇
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ民族に、1000年以上前から土着信仰の儀式で使われる楽器。先祖への感謝を捧げ、先祖から子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされる。Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。各曲に込められたさまざまな教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

◇ MBIRA奏者紹介 ◇
Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)
1952年生まれ
1968年にショナ民族伝承の土着信仰の儀式で、生きる伝説といわれたMubayiwa Bandambiraと出会い師事する。その才能を認められ入門して1年目から儀式で演奏する。現在まで50年以上儀式で演奏をしてきた。儀式での演奏者で伝承者、またMBIRA製作者でもある。 トーテムのSimbotiはチーターの意。
実近修平(さねちか しゅうへい)
1981年生まれ
2007年にジンバブエへ渡り、ショナ土着信仰の伝承楽器MBIRA奏者のRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は九度。現在はMBIRAのソロ奏者で京都を拠点として、全国でライブ活動と伝承曲を伝えること、Simbotiの製作したMBIRAを販売している。

◇ Simbotiによる個人ワークショップについて ◇
個人ワークショップをご希望の方は、田畑有子にご連絡ください。
日程や会場は御依頼人と相談をして決めます。
原則として30曲以上を習得された方を対象とします。
(1曲 60分 12000円/実近から学んでいる方は6000円)

◇ 物販 ◇
Simboti製MBIRA Low-Sangweme turn 1台/ 80000円
CD各種・Zimbabwen crafts

木のヒゲの〈自然素材を編む〉番外編:とうもろこしの鍋敷き

木のヒゲ〈自然素材を編む〉 番外編:夏に集めた素材で「鍋敷き」を作るワークショップです。
青梅在住の型絵染作家でもある塩野さんがおしえてくださいます。

とうもろこしの葉を、草を束ねた輪っかに巻きつけて「鍋敷き」を作ります
輪っかは、藁またはカモミール、レモングラスなどの葉を固くたばねたものです。

↑ サンプルのなべしき  SIZE 直径12~15㎝

トウモロコシの葉はできるだけ各自でご用意ください。(予備にこちらでもある程度は準備しておきます)
鍋敷きを一個つくるのに、トウモロコシの葉が30枚ほど必要です。
★集められないという方は、ご相談ください。
(八百屋さんでトウモロコシの葉をまとめているものを、お願いして分けていただくという方法も)

■日時:9月6日(金) am10:00~pm12:00 / pm13:00~pm15:00
*おなじ内容で午前と午後に行います。 ←午前中は満席となりました
■定員:各回7人程度
■持ちもの:トウモロコシの葉30枚程度、はさみ、エプロン、持ち帰り用袋
■費用:2000円/材料費込(鍋敷きのベースとなる輪っか)

お申し込みの際は、ご希望の時間帯、氏名、連絡先をお知らせください。
tel/fax:042-574-2169 mail:info@tatopani.jp
web shop からもご予約可能です。

▼トウモロコシの葉の処理の仕方

一番外側の硬い葉ははがして捨て、内側の葉を使います。
葉を1枚ずつはがして広げ、3分程度ゆでて乾かしてください。
干して時間がたつと、写真のうすみどり色から白く変化します。

今月のたとぱに:2019.8月

今月は夏休みや臨時休業もあったりで、お店の営業日が限られます。ご了承ください。
休み中でもメイルの問い合せなど、できる限りの対応はしておりますので、遠慮なくお知らせください。
 
7月後半からジリジリとした暑さが続きますね〜。
たとぱに2階にはエアコンが無く、木のヒゲの「自然素材を編む」のレッスンを、1階の店舗スペース(エアコンあり)で行うことも多くなってきました。参加者の方にはご迷惑をおかけしております。
まだまだ酷暑が続きそうですし、さすがにエアコン設置を検討中です。
私自身はエアコンがあまり好きではないのですが、そうも言っていられない身の危険を感じる暑さですので、適度に涼みつつ暑さを乗り切りたいと思っています。
 
◉営業時間の変更、お休みについて
7月30日(火)〜8月7日(水) 夏季休業
8月13日(火) 臨時休業
8月27日(火) 12時半から open

その他、急な変更はFBでお知らせいたします。

◉イベントなどのお知らせ
『リニューアルフェア&自然素材の夏コレクション』:〜8月19日(月)まで
・自然栽培綿のやわらかな生地で仕立てたシャツやワンピース、パジャマ、ショールなどの割引販売もございます。

木のヒゲ「自然素材を編む」 ※レッスンの予約の一部は web shop からも可能です。
・ワンデイレッスン: 8月はお休みします
・おためしレッスンA+B:8月8日(木) 詳細こちら
 

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2019 – 7月ワンデイレッスン

7月のワンデイレッスンのお知らせです。課題は【ブルキナ編みのかご】
アフリカのブルキナファソの籠編みの手法で、小さな花入れ又はお皿型のかごを作ります。
アレンジがいろいろとできる編み方なので、おぼえておくと楽しめますよ〜


サイズの目安 花入れ:直径約6~8センチ お皿型:直径約13センチ
編み方が特殊なので、いつもより少し小ぶりなサイズです。

■場所:東京都国立市/たとぱに店舗2階
■定員:3~4人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食 (はさみはなければ、お貸しできます)
■費用:4500円/材料費込
■日時:7月- 13(土), 26(金), 27(土) am 10:00~pm4:00 ※各回とも同じ内容です。
■予約方法:WEB SHOPより より可能です。
お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。お名前、連絡先、ご希望日をお知らせください。
tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp まで

初心者の方でもお気軽にご参加ください。

★8月のワンデイレッスンはお休みいたします。

今月のたとぱに:2019.7月

もう1年の半分が終わってしまいました〜 早い 早すぎる。
これから本格的な夏、暑さに負けずに充実した日々を過ごしたいものです。

さて、たとぱにでは7月4日(木)より『リニューアルフェア&自然素材の夏コレクション』
春からちまちまと行なっていたお店の奥のリニューアルが 一応 完成しました。
展示スペースが少しだけ広くなり、商品がより充実しました!是非この機会に、お立ち寄りください。

◉営業時間の変更、お休みについて
7月2日(火) 12時半から open
7月3日(水) 14時半にて close
7月30日(火)〜8月7日(水) 夏季休業

その他、急な変更はFBでお知らせいたします。

◉イベントなどのお知らせ
『リニューアルフェア&自然素材の夏コレクション』:7月4日(木)〜7月19日(金)
・自然栽培綿のやわらかな生地で仕立てたシャツやワンピース、パジャマなどの販売もございます。

木のヒゲ「自然素材を編む」 ※レッスンの予約の一部は web shop からも可能です。
・ワンデイレッスン: 7月13日(土) 26日(金) 27日(土) 詳細こちら
・野外レッスン: 7月7日(日) 20日(土) 21日(日) 詳細こちら
・おためしレッスンA+B:7月28日(日) 詳細こちら

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2019 – 野外レッスン

「野外レッスン」とは
編む素材が自然の中でどのようにあり採取するのか、そこから編める状態にするにはどうするのか、知りたい&知ってもらいたいということからはじめたフィールドワークです。
樹皮の採取は水を多く吸い上げる梅雨明け前後がベスト。今年も樹皮の採取を2箇所で行います。
山に人が入ることは、山の手入れにもつながります。

その1: 杉の樹皮の採取(青梅)昨年の様子はこちら
木こりさんに木を切り倒していただき、グループに別れて切った丸太を運び皮をむきます。
午後は樹皮の表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮るなどの下処理作業をします。

■場所:青梅賢治の農楽校/青梅市成木 JR青梅線東青梅駅からバス、バス停から徒歩30分 車でのご来場も可能です。※ 行き方の詳細は、参加者の方に別途お知らせいたします。
■日時:7月7日(日) am 10:00~pm3:00
■費用:3.000円 こども(小中高生)500円
■定員:10名(合同) 青梅賢治の農楽校の参加者の方との合同企画です。
 

 
その2: 森のお手入れ体験(高尾)昨年の様子はこちら 内容に変更あります。
昨年までは「皮むき間伐体験」が中心でしたが、今年は「森のお手入れ体験」になります。
「森と踊る」さんから、森の土地を読み、森を豊かにするためにできる手入れについて学びます。
皮むき間伐は、皆で数本行う程度になります。(森の状況などにより予定が変更となる場合もございます)
木のヒゲ長谷川さんからレクチャーを受けながら、森の中でかご編みに使える素材探しをします。

森と踊る(株):自然と共生する未来を創るための森づくりに取り組んでいます
 
■場所:高尾 恩方中学校近辺の森 ※車でのご来場はできません
JR中央線高尾駅「高尾駅北口」9:34発【陣馬高原下行き】バス停『恩方中学校』下車
■日時:7月20日(土) 10:00 ~4:30 ※10:00恩方中学校バス停 集合
■費用:大人3500円 こども(小中高生)500円 *家族参加の場合は無料
■定員:15名(合同)
 

 
連動企画(青梅): 前日に採取した樹皮の下処理 + 苧麻(ちょま)、みょうが等の草の採取
苧麻(ちょま)とみょうがの葉の採取と、前日に採取した樹皮の下処理(表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮る)を行います。
■場所:青梅賢治の農楽校
■日時:7月 21日(日) 10:00 〜15:00
■費用:1.000円 草や苧麻などのお持ち帰りもできます(500円)

– ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・-
参加希望の方はご予約ください。
tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
ご希望の日程、名前、住所、連絡先をお知らせ下さい。
こちらからもご予約が可能です WEBSHOP

◉しっかりとした靴、動きやすい服装(長袖)でいらしてください。
◉申込みは先着順です。定員に達してしまった場合は、キャンセル待ちとなります。
◉天候などの都合により、内容や日程が変更となる場合がございます。

▼素材の採取後は. . .
採った樹皮は各自お持ち帰りいただき、夏の間に乾燥させます。
その後、作るものに応じてヒゴ状にカットしたり、表面をととのえたり、なめしたりという作業があり、編む工程となります。草やちょまなどは、乾燥後に縄ないをして、かご編みの素材にします。
各素材ごとに、加工と作品作りの2回に分け、9.10月にレッスンを設けますので、こちらも是非ご参加ください。(場所はたとぱに)