家づくりのパートナー

お世話になっている創和建設さんのHPが少し前(だいぶ前?)にリニューアルされて、『家づくりのパートナー』で、たとぱにをご紹介いただきました。

いくつかあるカテゴリーの中で「自然素材・エコ暮らしのパートナー」だと思ったら「アートな人たち」
http://sowa-tm.jp/partner/
多彩な作家さん達の中で、ちょっと浮いている???かもですが・・・
紹介いただけて、ありがたいです。
  
創和建設さんは中央本線の藤野駅前に本社があり、街の不動産屋さん的看板もありながら、自然住宅(無垢と自然素材の家)を多く手がけている工務店さんです。
自然エネルギー住宅やゼロエネルギー住宅など、興味深いプロジェクトもいくつか進行中のようです。
自然素材を使用したり環境負荷が少ない家づくりに興味のある方は、のぞいてみてください。創和建設HP
 
つながりができたきっかけは、たしか数年前にたとぱにから自然栽培綿カーテンの資料を送ったこと。
資料を送った後しばらくして、社長さんと設計の方が一緒にたとぱにへ立ち寄ってくださいました。
創和建設さんでは、健康を考えたこだわりの家づくりをされているので自然栽培綿カーテンとの相性がぴったり、素材を気に入っていただけて、それ以降お客様を度々ご紹介いただいています。
 
創和建設の志村社長さん、とてもフットワークが軽くて、親しみやすくユニークな方です。
 
greenz.jp でも紹介されていました。
記事タイトル:楽しいことしかやってません! 藤野電力のオフグリッド発電システムを新築の自然住宅に導入しちゃった工務店「創和建設」の“みんな楽しい”家づくり
 

島のパン屋さんの素朴な手作りカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1802

たとぱにより納めた「自然栽培綿カーテン」の写真を送っていただきました。
あ、正確には布を販売しただけで、ご自身で考えて素敵なカーテンを手作りしてくださいました。
取り付けた場所は新規にOPENされた天然酵母のパン屋さんの窓。

【1802 愛媛県 まるまどさん】
▼レース 布品番:R−30 オリジナルカーテン
 


= = = メイルで送ってくださった写真、文章と共に下に掲載させていただきます = = =
  
ソファー側のカーテンは、お店の開店時間は外しています。
どういう構造にして取付けるか色々考えたのですが、色々思案した結果、
カーテンは丸棒を通して、つり下げたロープに引っ掛けることにしました。
丸棒も自然の枝だったら、ロープももっと素材感のあるものだったら、
もっと素敵だろうなあと思うものの、結構この構造を気に入っております。
何より、使い始めた頃より今の方が、カーテンを通して感じる光のニュアンスにしびれております。
この感じは他のものでは感じられないであろうなあと、
本当にかけがえの無い、心の栄養になるような、すてきなカーテンです!
ドライフラワーの飾っている側のカーテンは常時つり下げているのですが、
ドライフラワーが本当にきれいに見えます。うっとりする相性の良さです。
手縫い故の、何となく形のゆがみなんか、自分で気になるところではありますが、
いずれ時が来たら追々修正することとして、今後も長く愛用させて頂きたいと思います。

「心の栄養になるような、すてきなカーテン」なんて表現していただいて、とてもうれしいです。
ご愛用に感謝いたします!
 
選んでいただいた布は、透け感のきれいなプレーンな生地品番:R-30
カーテンのすその糸を何本か抜いて、フリンジにしているのがポイントです。

お店の名前は「まるまど」 愛媛県に属する瀬戸内海の島、大三島(おおみしま)にあります。
以前に国分寺市に住んでいらしたKさん一家が、3年ほど前に移住された先でパン屋さんを開かれました。

とってもおいしそうなパン&素敵なお店で、地元でも話題になっている様子です。
お二人のくらしぶりと大三島にも興味津々。ブログを時々チェックしています まるまどさん ブログ
おいしそうなパンはこちらで まるまどさん FB

瀬戸内方面にご縁のある方、是非お立ち寄りください。しまなみ海道・大三島ICから車で約5分です。
私もいつか必ず行ってみたいです〜

手編みのペンダント照明 サンプル展示

先日、自然素材を使った家づくりを手がけられている、八王子の株式会社イイザワ建築企画さんの打ち合わせコーナーに、自然栽培綿のペンダント照明を展示させてもらってきました。
 

ショールームには、数年前から自然栽培綿カーテンも展示中です。
カーテンタッセルも追加で取り付けてきました。
 

無垢のフローリングや漆喰、珪藻土などのサンプルと一緒に、カーテンもご覧いただいて、家づくりの早い段階からカーテンのことを考えていただけるきっかけになるので、とてもありがたいです。
 
自然素材で家づくりをされる方の目に止まるといいなあ。

自然素材のマンションリフォーム 自然栽培綿カーテン納品事例1712-3

【1712 渋谷区 Hさん宅】-3 自然素材でリノベーションされた、都心のマンション

お引越しされ住み始めてから、Hさんから感想のメイルをいただきました。
「カーテンを閉めたお部屋では、母親の胎内にいるような・・・」とのこと。
なんとも素敵な表現!うれしかったです。

子供室-2 一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー14(茶綿と白綿の糸を使用した綾織りの生地)
▼レース 布品番:R−30(きなり色の透け感のある素朴な風合いの生地)

小学生の女の子のお部屋です。生地は自分で選びました。
カーテンタッセルは、自然栽培綿の糸を編んだボンボンが付いています。

昼間ドレープカーテンを閉めると、外からの光が布に反射して、茶綿の色に少し赤みがプラスされるように感じました。

本当にこの自然栽培綿カーテンには、なんとも包まれるような安心感があります。
無垢の木などにも感じられる、自然素材共通の心地良さなのだと思います。

タペストリーカーテン 展示中です

自然栽培綿カーテンでお世話になっている千葉工務店さんのショールーム『川越 自然の家工房』に、タペストリーカーテンを取り付けてきました。
打ち合わせコーナーと、事務スペースの間の仕切りです。
自然栽培綿の手編みのペンダント照明もひとつ、サンプルコーナーに展示させていただきました。

照明、なんだかすごく小さく感じますが・・・
家づくりをされている方の目にとまりますように。

こちらのショールームは自然素材の建材や木材などのサンプルがあるほか、模型や施工事例パネルが展示されていて盛り沢山。
イベントも時々開催されていて、住まいに関するセミナーや家づくり相談会、木工イベントなどもあるようです。
お近くの方で、自然素材の家づくりに興味のある方は、のぞいてみられたら楽しいと思います!

千葉工務店さんの本社は越谷市。HPはこちら
「自然回帰の家」をテーマに、自然素材や国産材を使用した家づくりをされています。
 
 

猫とのくらしを楽しむカーテン・自然栽培綿カーテン納品事例 1607-1

たとぱにより納めた「自然栽培綿カーテン」をSさんのブログでご紹介いただきました

記事のタイトルがなんとも素敵 「カーテンに恋をする」

猫ちゃん達との暮らしを楽しまれている Sさんのお家。
うかがったことはないのですが、やさしい光につつまれる素敵なお部屋です。

1607-2猫ちゃんがいる部屋の小窓。
(すべてSさんの写真をお借りしました)

以前はつっぱり棒に布を下げていたそうですが、猫さん達がひっぱり落としたりをくりかえすうちに布が痛み、はずしたまま数年がたってしまったとのこと。
でもやっぱりカーテンが欲しい、とのことでメイルでのご相談からはじまりました。

薄手の生地のタイタックピンで留める、タイタック式カーテンです。
つっぱり棒ではなく、ステンレス製の細いパイプをねじ込み式ブラケットで設置しているので、ひっぱられても落ちる心配はありません。

1607-1
 
1607-3

猫さん達にも気に入ってもらえたようす。
今のところ、無事なようです。

万一、猫の爪で糸がつれてしまった時は、その糸をそっとひっぱってみてください。
軽傷であれば、もとにもどります。

我が家にも猫がいるのですが、幸いなことにカーテンにはあまり興味を示しません。
(しつけたわけはないのですが、布より紙や段ボールが好きみたいです)
ただ、たいがいの猫がそうであるように、揺れる紐は大好きなのでタッセルはオモチャになってしまいます。