kunitachiゆる市 無事に終了しました

11月10日はラストkunitachiゆる市 、お天気にも恵まれて無事に終えることができました!
2012年にスタートして7年間、関わってくださった全ての皆様に感謝いたします。
市のコンセプトでもあった「ゆるいつながり」は無くなることなく、これからも引き続き、
長〜くつないでいけたらと思っています。
 

今回は最後ということで、以前事務局を一緒にやっていたノルブリンカ武井さんと、
ひとひとて小野木さんも、遠くから出店者として来てくださいました。
その2人も一緒に事務局が全員集合!初めて撮った集合写真です。


 
事務局6人がそれぞれメッセージを書きました。 よろしければこちらで→kunitachiゆる市 ブログ

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2019 – 11月ワンデイレッスン

11月のワンデイレッスンのお知らせです。課題は【シュロの葉のブルキナ編みのかご】
今年のレッスンで何回かやったブルキナ編み。アフリカのブルキナファソの籠編みの手法です。
今回は大きなシュロの葉1枚を使って編み上げる初めての形です。
 

 
写真のカゴは直径25センチ程度。使用する葉の大きさや、編む密度などにより仕上りサイズは異なります。
 
■定員:3~4人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食 (はさみはなければ、お貸しできます)
■費用:4500円/材料費込
■日時:11月- 29(金), 30(土) am 10:00~pm4:00 ※各回とも同じ内容です。
■予約方法:WEB SHOPからのご予約はこちら
✴お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp まで、ご自身のお名前、連絡先、ご希望日をお知らせくだい。
 

明日はkunitachiゆる市!

明日は、というかもう今日なのですが、kunitachiゆる市です。
2012年にはじめてから、今回が第15回目。最後の回となりました。

写真は昨年のkunitachiゆる市。同じく北地域でやりました。

kunitachiゆる市は、たくさんの来場者や出店者、ボランティアや近隣の方、いろいろな人達にささえられて、ここまで続けてくることができました。感謝です!

事務局は入れ替わりがありつつ、いつも6人で運営してきました。
それぞれにお店や作家活動がある中、手弁当でやってきましたが、だんだん時間がとれなくなってきてしまったのが終了することの大きな理由です。
いつもお互いに刺激しあいながら、貴重な経験をさせてもらいました。

とにかく明日が無事に、来場者の方達と共に楽しくすごせますように!

ワークショップ:クリスマスリース & ミニツリー

今年はフレッシュなグリーンを使用したクリスマスリースorミニツリーを作ります。
こんもりとした緑の葉(ヒムロスギ、モミなど) に、赤い実や木ノ実、ドライフルーツ、赤いリボンなど、お好みで入れてください。
針葉樹の香りをしばらくお楽しみいただき、クリスマスが終わったら、リースはお正月飾りにアレンジすることも可能です。
  


写真のリースは直径34センチ、ミニツリーは高さ30~35センチほどですが、仕上がりサイズは個々にちがってきます。
 
おしえてくれる人:アトリエCygnet(シグネット)矢島裕子さん 
 
■定員:各回4~5人程度
■持ちもの:はさみ、エプロン、持ち帰り用袋
■費用:5000円/材料費込  ※リースかミニツリー、どちらかをお選びください。
■12月6日(金) 12月7日(土)  am10:00~12:00 /pm13:00~15:00
■予約方法:WEB SHOPからご予約できます。 リースはこちら ミニツリーはこちら
お電話、ファックス、メイルでも受け付け中。tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp
ご自身のお名前、連絡先、ご希望日時と作りたいもの(リースかミニツリー)をお知らせください。
 

自然栽培綿カーテンの新しいパンフレット

自然栽培綿カーテンの新しいパンフレットができました。
タイトルは「健康はやさしい部屋づくりから」
カーテンは健康なくらしと関係がある… ということを、一人でも多くの方にお伝えしたく、気軽に取っていただけるようにと考えたつもりです。


 
A4サイズ三つ折りの表紙には、福々ちえさんにイラストを描いていただきました!
森のようなイメージでとリクエスト。絵本のような世界観がとても気に入っています。
  
このパンフレットはたとぱにの店頭に置く以外に、自然食品を扱っているお店やレストランなどに持参して置かせていただきたいと考えております。
どこかで見かけたら、お手に取ってご覧ください。
 

ワークショップ:マコモの葉でカゴを編む

コイリングという手法で、マコモ(イネ科の草)のカゴを作ります。
教えてくださるのは青梅在住の型絵染め作家の塩野さん。
 
草を巻きながらかがる紐は、カモミールで染めたラフィアを使います。
お渡しするマコモはお一人20本ほど、カゴの形は丸でも楕円でも、深さも自由です。
  
写真のかごは直径約24センチ。もう一つ形のちがうカゴを作成中~できたら写真をアップします。

🌾素材のマコモについて
この秋に長野県で収穫されたマコモの葉を、ご縁があって分けていただくことができました。
9月の下旬に、採取してすぐのものをお預かりして室内にぶら下げ乾燥させました。
うす緑色がきれいに残り、井草のような香りが楽しめます。
[そもそもマコモという植物をご存知でしょうか?]
マコモとは。水辺に群生するイネ科の植物で、成長すると大きいもので 2m程にまで伸びます。
『古事記』や『日本書紀』に登場するほど古くから食用や薬用、霊草として使われ、親しまれていた植物。
古代、神社のしめ縄は、強い浄化作用をもつマコモの葉で、編まれていたそうです。
近年は、薬効が高いことから、お茶などに加工され、健康志向の人達の間でじわじわと注目をされてきています。 
 
■定員:各回6~7人程度
■持ちもの:はさみ、エプロン、持ち帰り用袋
■費用:4500円/材料費込
■日時:11月28日(木) 10:00~15:00 
■予約方法:WEB SHOPからご予約できます。
お電話、ファックス、メイルでも受け付けております。
tel/fax: 042-574-2169 mail: info@tatopani.jp ご自身のお名前、連絡先、をお知らせください。