自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例 2207-1

【2207-1 東松山市 M さん宅】 1F リビングダイニング  若いご夫婦と小さなお子さんの3人家族の新築のお家。
 
▼ドレープ 布品番:BN−14 一つ山縫製 / レース 布品番:CR−31 一つ山縫製
はきだし窓2ヶ所と小さな窓1ヶ所があり、レールの取り付け位置や仕様を変えています。
 
はきだし窓2ヶ所は窓枠の上に一般的な金属製カーテンレールをダブルで正面付け。(色は壁にあわせてホワイト)
カーテンはドレープのみで、一つ山縫製カーテン 生地:BN−14。オモテ面は茶綿、ウラ面は白綿の綾織の生地のウラを表にして使いました。

小さな窓は窓枠内に金属製カーテンレールをシングルで天付け。
窓枠内にカーテンをすっきり納めたい、出っ張らせたくない場合などには、このようにレールを窓枠の中に取り付けることもあります。
 

 
小窓のカーテンにこぎん刺しのカーテンタッセルを選んでいただきました。


 
 
建物の施工は相模原市にある創和建設さん。自然素材の注文住宅を多く手がけられています。

施工 : 創和建設 株式会社(神奈川県相模原市) HP
設計 : 設計室 en (埼玉県飯能市) HP