木のヒゲ〈自然素材を編む〉2020– 野外レッスン

「野外レッスン」とは、編む素材が自然の中でどのようにあり採取するのか、そこから編める状態にするにはどうするのか、知りたい&知ってもらいたいということからはじめたフィールドワークです。
樹皮の採取は水を多く吸い上げる梅雨明け前後がベスト。今年も杉の樹皮の採取をしに青梅へ。

杉の樹皮の採取 一昨年の様子はこちら
木こりさんに木を切り倒していただき、グループに別れて切った丸太を運び皮をむきます。
午後は樹皮の表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮るなどの下処理作業をします。
 
採取した素材は、7~8月=乾燥 9月=加工 10月=かご作り の予定です。

■場所:青梅賢治の農楽校/青梅市成木 JR青梅線東青梅駅からバス、バス停から徒歩30分 車でのご来場も可能です。
※ 行き方の詳細は、参加者の方に別途お知らせいたします。
■日時:7月5日(日) am 10:00~pm3:00
■費用:3.000円 こども(小中高生)500円
■定員:8名(合同) ※青梅賢治の農楽校との合同企画で、参加者は全体で20名程の予定です。
※残り2〜3名です。興味のある方はお早めにご予約ください・
tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
こちらからもご予約が可能です WEBSHOP

※申込みは先着順です。定員に達してしまった場合は、キャンセル待ちとなります。
※天候などの都合により、内容や日程が変更となる場合がございます。
※新型コロナウイルスの状況によっては、予定が変更となる場合がございますので、ご了承ください。
※咳エチケットの徹底と、周囲の方への配慮としてマスクの着用をお願いいたします。
※発熱等の風邪症状が見られるときは、参加を見合わせてください。
(当日のご連絡でもキャンセル料はいただきません)

▼採取後の予定は. . .
9.10月にレッスン日を設けます(場所はたとぱに)各1日ご参加いただくと、作品づくりまで楽しめます。
作るものに応じてヒゴ状にカットしたり、表面をととのえなめした後、編む工程となります。