住まいの空気環境

住まいの空気環境、というと湿度や温度のことを最初にイメージするでしょうか。

 

断熱性能がよくなり、空調設備がととのって、昔の住まいよりも快適な湿度や温度が保たれているのが現代の住宅だと思います。
ところが、きれいな空気かどうかというと???昔には無かった目に見えないものがいろいろとあります。
 
たとえば、住まいを構成する建材や内装材、家具や布製品から揮発する化学物質が原因で、シックハウス症候群、化学物質過敏症、さまざまなアレルギーが発症しました。そこで規制やルールもできました。でもまだあやしい素材(?)が使われているのが現実です。
カーテン生地からも、有害物質が空気中に発散されていることがあります。防炎、防カビ、防縮など、いろいろな加工に使われている薬品が原因だと思われます。
  
また、住まいを構成するもの以外にも、家の空気を汚すモノはたくさんあります。
わかりやすいところでは、おとうさんのオナラ!(冗談)ではなくて、タバコの煙もそう。
でも最近は、家族に気を使って家ではタバコを吸わないというお父さんも増えたかもしれません。
他に当たり前に家の中にあるモノで、危険なものもあります。例えば、防虫剤や殺虫剤、芳香剤や消毒薬。
メリットもあるけどデメリットも知った上で、本当に必要なものかよく考えて日用品を選択していく必要があると思います。
それと、クリーニングから帰ってきた衣類から「ドライクリーニング溶剤」が揮発していて、頭痛、めまい、吐き気などの症状を起こす人がいるという話も聞きました。衣類が家の空気を汚す要因にもなるということ。意外に知られていないかもしれません。
 
今まで全然気にしていなかったという方も、少し注意してみてほしいと思います。