第3回「kunitachiゆる市」終了しました。

3回目となった「kunitachiゆる市」、おかげさまでたくさんの方にご来場いただきました。
大学通りをはさんだふたつの会場を行き来してくださった皆さま、ありがとうございました。
 

普段はゆったりとした人の流れのたとぱに店内、一日にこんなにも沢山の人が階段を上がってきて下さったことは未だかつてなかったこと。事故なく終えられて、ホッと一息です。

会場でかざっている出店者の方々の旗は「kunitachiゆる市」恒例となっています。だいぶ枚数が増えてきました。〈この旗のように出店者もお客さまもゆるやかなつながることができたら・・・〉ということで、皆で考えてはじまったこのイベント。人とのつながりがどんどん広がってきているなあ、と感じます。また、来場される方とお話していると、国立という街はおもしろいですね、いいですね〜というお声をよく聞きます。めぐまれた環境で、素敵な人達に囲まれて日々を過ごさせてもらっていることが、ほんとうに有り難いです。これからも大切にしていきたいです。
 
たとぱにコーナーでは、自然栽培綿の小物やカーテンにふれていただいて「気持ちいいですね」というお声をたくさんいただきました。
子ども靴下を購入されたお客様、その場で抱っこされた赤ちゃんに、お父さんが靴下をはかせて帰られました。かわいかったので写真を撮らせていただきました。→
 
次回はまた少し先になりますが、8月4日に夏祭りバージョンで開催予定です。お楽しみに!