展示会の打ち合わせ

今日は午前中、2月に展示会をやらせていただく『Gallery hechi』さんに行ってきました。
先日できあがったDMをお届けして、当日のレイアウトや段取り等の打ち合わせをしました。家具とラグの展示、空間をどう使うか、だんだんイメージが見えてきました。
ひととおり話がすむと、オーナーさんがおいしいお菓子とお茶をご用意くださって、ほっと一息。
しかしそのあと12時からたとぱにOPENだったため、大急ぎで国立にもどりました。
 

 
喜多見の駅から歩いて約3分の住宅街の中にある『Gallery hechi』さんは、入り口付近に竹が使われ、室内にも畳敷きのコーナーや床の間がある、和空間になっています。(奥にはなんと素敵な茶室もあるんです。)
普段はギャラリーにお茶道具をはじめとした、hechiさんオリジナルの商品を置かれています。
タイとつながりがあり、日本ではまだ馴染みの薄いヤン・リーパオ(タイの稀少なシダ植物)という素材の茶道具・バッグ・小物や、手織物による帯・バッグ・小物などを扱っていらっしゃいます。
先日タイの魅力を紹介したテレビ番組で『Gallery hechi』さんが紹介されたそうです。