title_tatopani


satsukisan
たとぱにのはじまり

東京都国立市にたとぱにが誕生したのは1999年のこと。
当時は空間設計の仕事をメインにしておりました。
現在は自然素材のインテリア用品の販売を主に活動しております。
 

「たとぱに」 はネパール語で温かい水、温泉という意味

あたたかい水の中でゆったり泳いだり
温泉にぽよ〜んとつかったり・・・
あたかな心地よさをイメージしてください。

自然の素材+人の手技で作り上げたもの達は、どこかあたたかみがあり、
人の心と身体に、やさしさを届けてくれると感じています。 

心と身体にやさしい空間づくりを心がけています

私のインテリアの原点は、子供の頃のリカちゃんハウスづくり。
人形遊びより、家具の配置や間取りを考えるのが楽しくてしかたありませんでした。

社会に出てからは、マンションリフォーム、造作家具やキッチンの設計など、ずっとインテリア関連の仕事にたずさわってきました。
そして空間の心地よさ、くらしやすさを探求するうち、自然素材にたどり着きました。
また建材やインテリアの備品に使われる化学物質が原因で、アレルギ–を引き起こしてしまうことがあるのを知り、益々素材を意識するようになりました。
一般的な化繊のカーテンにも違和感を感じ、自然素材をさがしました。

そうやって出会ってきた素材達と共に、現在のたとぱにがあります。

自然素材のインテリアで心地よい空間を、自然素材とのくらしを楽しみましょう。

〈 たとぱにの今まで 〉

1999年2月
たとぱにインテリア設立
2001年10月
設計事務所と共同で、国立大学通り諸橋ビル3階を借りる
2003年1月
たとぱに OPEN(最初はサンプルルームと呼んでいました)
2010年9月
設計事務所引っ越し後、アートクラス「絵のうつわ」とスペース共有
2013年9月
国立市北2丁目に移転

 
〈 店主プロフィール 〉

吉川サツキ 1964年埼玉県生まれ インテリアセンタースクール卒業

1986年〜
マンションリフォーム、家具インテリアの会社に勤務。
1995年
結婚を機に国立市へ。 夫の設計事務所手伝い
1999年
たとぱにインテリア設立 
2003年
8年間の結婚生活に挫折
2007年
新しいパートナーとの間に子供を授かり、43歳で高齢出産

——現在   子育てと仕事に奮闘中

趣味:模様替え、土いじり 
座右の銘:ゆっくり急げ