冬のくらしと冬ギフト2015’【自然栽培綿のあたたか小物】- 2

自然栽培綿の軽くてあたたかいマフラー(ストール)が入荷しています。
杉綾織りの凝った織り模様が美しく、上品な印象。男性でも女性でも、どちらでもお使いいただけます。

IMG_3810
色は3色、落ち着いた若葉のようなグリーン、渋く品のよいグレー、冬の装いの差し色にぴったりな赤っぽいオレンジ、です。サイズは大きめで 32×180㎝ 8500円(税別) 

甘撚りの太い手つむぎ木綿糸で織りあげたもの。
撚りのやわらかいふっくらした糸なので、空気をたっぷり含んでコットンとは思えないあたたかさです。
ウールのマフラーはちくちくして苦手という方にもおすすめです。
 

冬のくらしと冬ギフト2015’【自然栽培綿のあたたか小物】-1

この冬の新作として、まずご紹介したいのが、Fu〜kaさんによる手編みの小物。
 
alpaka

手紡ぎの自然栽培綿の糸と、アルパカとウールのループ糸を使って編んだ帽子と襟巻です。
アルパカは南米の高地で放牧されています。その毛の柔らかさと滑らかさにはびっくりさせられます。
また、毛の内部に空気を多く含むので、温かさと保温性能に優れています
是非、店頭でお手に取ってご覧下さい。

まだ写真を撮っていないため、昨年の記事にリンクを貼りますが、カラフルな自然栽培綿の手紡ぎ糸を使った襟巻きも新たに入荷しております。

自然素材の夏コレクション 2015’ 自然栽培綿のペンダント照明 -2

今年4月の春フェアで初お目見えした、手編みのコットンランプシェード
第二弾ができてきております。

きなり色の糸の編み目がどこか涼し気、お部屋をやさしく灯してくれます。
夏の模様替えにいかがでしょうか?
 
ワット数が小さい(40W)ので、玄関や洗面所等の小さなスペースや、窓辺のコーナーなどでご使用いただくイメージです。前回のものよりシェードのフレアが出ていて、エレガントな雰囲気になりました。
 
IMG_2286
 
  SIZE: Φ 160 x 高さ 170 mm, ケーブル長 550mm 
  material:自然栽培綿100%
  price:¥9.600 (税別)
  付属品:電球・ソケット付き(ソケット口金E16 電球40W)
  * シェードは手作りのため、サイズや形状が微妙に異なる場合があります。
 
  第一弾は こちら 
 

自然栽培綿の布小物「あら織りタオル」

自然栽培綿の布小物、新アイテムで「あら織りタオル」が入荷しました。

自然素材の夏コレクションの期間中(8月30日まで)は、お試し価格で販売いたします。

1_000000000970
定価:1300円 → 10%割引 1170円(税別)
size : 23×90㎝

あら目に織りあげてあるので、他のタオルと比べて、軽く、乾きやすく、ふっくらとした手触りです。
入浴時に体を洗うのにお使いいただくと、肌の脂分を適度に残しながら、さっぱりとした洗い上がり。
手紡ぎ糸の、不均一な凸凹が、空気を含んでやさしく、肌にも自然になじみます。
是非一度、おためしください。

*使い込むと糸がかたよることがありますが、使用にはさしつかえありません。
 あらかじめ、ご了承ください。
 
 

きなり色の春 2015’ 自然栽培綿のペンダント照明

 
「きなり色の春」フェア、オリジナルの新作は、自然栽培綿の手編みのランプシェード
きなり色の糸を編み上げたやわらかなシェードです。
編み目から溢れる光が、お部屋をやさしく灯してくれます。
 
ワット数が小さい(40W)ので、お部屋の全体照明というよりも、玄関や洗面所等の小さな
スペースやコーナーでご使用いただくイメージです。
かわいらしい窓辺や、ベビーコーナーなどに似合いそうだなあ、と一人妄想中です。
 

  SIZE: Φ 160 x 高さ 170 mm, ケーブル長 550mm 
  material:自然栽培綿100%
  price:¥9.600 (税別)
  付属品:電球・ソケット付き(ソケット口金E16 電球40W)
  * シェードは手作りのため、サイズや形状が微妙に異なる場合があります。
 
シェードの製作は【 Fu-ka 】のYさん。現在、ちがうデザインのものも試作中です。
できる範囲でオーダー対応もいたします。なにかご希望がございましたらご相談ください。
 
 

「あしごろも」シリーズについて

「あしごろも」は、自然栽培綿の益久染織研究所が同じく奈良の靴下の老舗と組んで製品化しているものです。数年前から、自然素材の衣料品を取り扱うお店等でもみかけるようになりました。

20130214_108970
カーテンと同じく、熟練の職人さんでも1日に200g程度(靴下3足分)しか紡げないという、手紡ぎの糸を使用しています。綿を育て、糸を紡ぎ、1足のくつしたが編み上げられるまで、たくさんの人の手がたずさわります。
 
この手間ひまが生みだすもの、それは綿が本来もっている力を最大限に引き出すこと。
ふっくら空気をたくさん含んだ手つむぎ糸は、伸縮性、吸水性、保温性に富み足元の蒸れや冷えを防ぎます。
靴下の使い心地は・・・
●綿に包まれているような自然なあたたかさです。
●必要以上に蒸れず、季節を選ばず1年中履けます。
●肌が弱くかぶれやすい方にも安心してお使い頂けます。
 
手紡ぎの糸ゆえ、普通の靴下を編む機械ではうまく回らず、商品化には試行錯誤がありました。現在は、日本に数台しかない1950年代イギリス製ベントレー社の編み機を使っています。編み針が大きく、針と針の間がゆったりしているため、手紡ぎ糸のやわらかさを損ないません。ただ昔ながらの機械なので、1日50足程度しか生産できないとのこと。

実は店主である私、過去には3足1000円の靴下ばかりをはいておりました。
しかしこのあしごろもの靴下をはくようになってからは、履き心地がくせになり、毎日手に取るのはこの靴下ばかりです。(手前味噌ですが)