自然栽培綿カーテン納品事例 1604

【1604  昭島市 Tさん宅】
新築の一戸建て。 
木の梁と天井が見え、すっきりとした印象の和室。寝室としてお使いになるということでした。
自然栽培綿の生地は、和室でも雰囲気が合います。
 

 
少し遮光性があったほうがいいとのことで、ドレープは濃紺の五倍子染めの生地 N-2O
自然栽培綿カーテンの中で最も濃い色の生地です。


  
打ち合せに伺った際には、草木染めの布3点と最も厚手のきなり色の布(N-03)を持参し、実際のお部屋の窓に並べて吊り下げ、比較しながら見ていただきました。
そして、サンプル2点をそのまま貸し出し、夜の様子もご確認いただいきました。
(窓の前に街灯があり、夜にその光の透け具合も確認したいとのことでした)
じっくりとご検討いただく時間がとれないケースが多いですが、余裕があればできるだけ対応させていただいています。
 

  
レースはラインのあるもの、無いものと悩みましたが、きなりのラインが20ミリ間隔で入っている R-31 をご採用いただきました。
 

自然栽培綿の手編み小物:耳当て

先日のkunitachiゆる市で初おひろめした、自然栽培綿のあたたか小物を改めてご紹介します。

自然栽培綿の手紡ぎ糸を手編みして作ってもらったのは、カチューシャタイプの耳当てです。
綿なのでチクチクせず、ふっくらやわらか、あたたかいです。色は3色 きなり、ピンク、ブルー。
 
mimiate
サイズは小学生低学年ぐらいから、大人の女性でも。←伸びるので(写真モデルは小学3年生女子)
 
首の後ろにもゴムがあり、ずれにくいです。
耳当ての部分に入っている綿(布袋に入っている)は取り出せるので、お洗濯が可能です。

ペンダント照明やカーテンタッセルを編んで下さっているfepier作。 
 

椅子のカバーリング

自然栽培綿の生地を使って、カーテン以外のものを作ることもあります。
先日は、椅子のカバーリングを納品してきました。
カーテンの納品にうかがった際にご相談があり、最初はカーテンと同じ生地でアームカバーだけを作ったのですが、椅子のカバーリングもできたら・・・という流れになり、ご注文をお受けしました。
 
リクライニングもできる大きな一人掛け、イタリア製の椅子を目の前に、できるかなあ… と最初は不安だったのですが、椅子ばり職人さんのようなぴったりな作りにはできない点は了解していただき、なるべく単純な作りで、ある程度のフィット感のあるものをめざしました。
 
img_2037
椅子張り用の柿渋染めの生地を使いました。
太めの糸で織られた、かなりしっかりとした布です。布品番:S-03

椅子を見ながらその場で方針をたて、簡単なスケッチと写真を元に縫製担当者とじっくり打ち合わせをしてすすめました。
本番にとりかかる前に試作品を作ったり、布が厚いために一部はミシンが使えず手縫いで仕上げてもらったり、単純な作りとは言っても、縫製担当者さんにはご苦労をおかけしました。
おかげさまで、お客様にはとても喜んでいただくことができました。

椅子張り用の生地は3種類。img_2101
カット販売(取り寄せ)もしております。

写真上から
S-01 18.000円/m 145㎝巾
S-02 9.500円/m 145㎝巾
S-03 28.000円/m 145㎝巾
 
 
 
 
 

手編みの灯り

自然栽培綿の手紡ぎ糸を編んだペンダント照明です。注文生産品となります。
以前からあった2つのデザインをリニューアル+新たなデザインのものも加わりました。

a

b

写真はクリックすると拡大します。

c

3つのデザインバリエーション、糸の色も選んでいただけます。(きなり、茶綿、柿渋染め)
明るさは40W、サイズも小さいのでお部屋の小さなコーナーや、玄関、洗面所などにおすすめです。

納期は注文いただいてから最短で1週間、オーダー状況により変動的です。
10月7日(金)までは、キャンペーン期間中につき、ご注文いただいた方には小さなプレゼントをご用意しております。期間終了後も、定番品として販売していく予定です。

手編みのやわらかなシェード、是非、事物をご覧になってみてください。

 

麻糸のカーテンタッセル

カーテンタッセルの新作です。麻糸とウッドビーズを使用した2種類のデザインが完成しました。
綿の手紡ぎ糸で編んだ紐タイプのものと共に、定番として展開していく予定です。
自然栽培綿カーテンはとてもシンプルなデザインなので、アクセサリー感覚でカーテンタッセルを楽しんでいただければと思います。
 
IMG_0950
tupe-A price:1300円 糸2色:きなり色、ベージュ色 
ウッドビーズの下のふさは長めになっているので、好みでカットします。
  
IMG_0941
tupe-B price:1200円 糸2色:きなり色、ベージュ色 
下に小さなウッドビースが3個ずつついています。 
 
IMG_0942
タッセルは、タイタックピン(別売)でカーテン布に取付けます。 
 

カーテンの補修

先日、4年前程前にカーテンを購入いただいたお客様から、お子さんががひっかけて穴をあけてしまい、買い替えるにはまだ早いし、なおすことはできないでしょうか?というご相談をうけました。
写真をメイルで送っていただいたところ、小さな穴がいくつかと、大きめの穴がひとつ・・・。

IMG_1831
なおせるかどうか、若干の不安があったのですが、布をお預かりして検討することにしました。
そして、こまかい作業がとても得意な縫い子さんに相談したところ、時間をかければなおせます!とのこで、やっていただきました。

IMG_0217
穴の周囲の糸を少し抜き、新たに糸を1本ずつ入れて行くという作業。
糸のはじは結ばずに、ホツレ止め用の接着剤でかためています。
キズはわかりますが、ほとんど気にならないぐらいに、穴をふさぐことができました。

IMG_0213

以前にも、納品後10年以上たつお客さまから、レースカーテンの布が裂けてしまったのだけれど、できればもうしばらく使いたいのでなんとかならないか、というご相談を受けたことがありました。
その時は、アイロンで付けられる薄手の布テープを、裂けた部分に裏から張り付け、応急処置をしました。
 
10年以上カーテンとして使用したた薄手の布が、裂けてしまった、という声は時々聞きます。
直射日光にさらされ、色が変化すると同時に、繊維も劣化して弱くなっているのです。
自然素材だから弱いということではなく、化繊のカーテン布でも同じです。
その場合は、布の寿命ということ。基本的には買い替えをおすすめしますが、すぐには買い替えられないなど、こまったことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

自然栽培綿カーテン、なるべく長く快適に使っていただけたらと思っています。