木のヒゲ〈自然素材を編む〉作品例-2

 
木のヒゲ〈自然素材を編む〉に参加された方が作られた作品の写真です。
 
前回と同じく持ち手つきのつるかごですが、素材にの蔓を使っています。
 

これも皆さん1日で作り上げました。
葛は他の蔓素材と雰囲気が少しちがいます。蔓を裂いて使用しているので、その表と裏でも表情がちがうのですが、表面がぼそぼそした感じで裏革のような、野趣あふれる風合い。
土付き野菜や植物の苗、ガーデニングの道具を入れたり、外使いが似合いそうなカゴになりました。

作られた方達も、葛の素材感をとても気に入ってくださいました。
いつもある材料ではないので、入手できたらまた企画してもらう予定です。
葛の蔓は中に虫が入っていたり、虫が卵を産んでいることが多いので、材料を採取した後に必ず煮沸するそうです。・・・虫さん、ごめんなさい。
 
 
葛を編んだかごのアップ、写真を追加しました ↑
 

木のヒゲ〈自然素材を編む〉作品例-1

 
木のヒゲ〈自然素材を編む〉に参加された方が作られた作品の写真です。
今まで撮りためたもの、整理をしたら結構たくさんありました。
カテゴリーに分け、少しずつご紹介していきたいと思います。
 
持ち手つきのつるかご。一部に木の皮を入れこんであります。


浅かったり、深かったり、丸っこかったり… 作りたい形をイメージしながら蔓でフレームを作り、編み込んでいきます。自然の素材なので、持ち手の形もいろいろ。どんな素材と出会うかもお楽しみです。
このタイプのかごは人気があり、今までに作られた方も多いです。頑張れば一日で作ることができます。
中には、宿題として持ち帰り、後日仕上げの部分をやりに来られる方もいらっしゃいます。
 
出来上がった作品を作られた方に持っていただいて、撮った記念写真がなかなか良いかんじ。
皆さん笑顔で満足そう。
残念ながら掲載許可をとっていない方の写真は、トリミングしております。ご了承ください。
 
*写真のかごは、木のヒゲ〈自然素材を編む〉フリーレッスンで作ることができます。
 ご希望の方はお問い合わせください。