自然栽培綿カーテン納品事例 1607-1

【1607 立川市 Sさん宅】

猫ちゃんがいる家の小窓です。(Sさんが撮影した写真をお借りしました)

以前はつっぱり棒に布を下げていたそうですが、猫さん達がひっぱり落としたりをくりかえすうちに布が痛み、はずしたまま数年がたってしまったとのこと。
でもやっぱりカーテンが欲しい、とのことでメイルでのご相談からはじまりました。

1607-1
ブログでご紹介いただきました。記事のタイトルは 「カーテンに恋をする」
 
薄手の生地のタイタックピンで留める、タイタック式カーテンです。
つっぱり棒ではなく、ステンレス製の細いパイプをねじ込み式ブラケットで設置しているので、ひっぱられても落ちる心配はありません。

猫さん達にも気に入ってもらえたようです。
万一、猫の爪で糸がつれてしまった時は、その糸をそっとひっぱってみてください。
軽傷であれば、もとにもどります。

1607-2
1607-3

雑誌『nid』44号

先日3月20日発売の、nid [ニド] 44号で、木のヒゲの「自然素材を編む」を紹介いただきました。
【特集】 「手」が生み出す暮らしのよろこび 、〈暮らしのなかの小さな手作り〉というコーナーです。
丁寧に取材をしてくださり、西洋朝顔の蔓を使ったかごの作り方が写真入りで載っています。
なんと4ページも!木のヒゲ長谷川さんの顔写真も出ています。
長谷川さんはカメラを向けられると緊張して顔がコオロギみたいになってしまうそうです。

IMG_4454
本屋さんでみかけたら、手に取ってご覧ください。
 
『nid』:ニドは “日本のイイトコドリ” という意味だそうです。
時々購入したことのあった雑誌なのですが、意味は最近知りました・・・!

 

くにたちインデックス

地域密着型のWEBマガジンということで、「くにたち NAVI」 というサイトがありまして、だいぶ前に紹介していただきました。

丁寧に取材をしてくださり、写真もたくさん掲載していただいて、うれしいです。

たとぱに

NPO国立市観光まちづくり協会さんのサイトなので、国立情報が満載です。
国立北エリアの情報もご参考に !
 

ブログでご紹介いただきました

埼玉に本社がある株式会社OKUTAさんが展開されている 「LOHAS studio」 さんは、自然素材を使った、リフォーム&リノベーションを得意とされています。

LOHAS studio立川店でリフォームをされたお客様から、カーテンのご注文をいただいたことがきっかけで、LOHAS studioのデザイナーのである、A さんが8月にたとぱにへ来て下さいました。

その時のことを、ブログに掲載してくださいました。
http://www.okuta.com/blog/i028/706

そして後日、プライベートでは木のヒゲのおためしレッスンに参加してくださいました。
http://133.242.170.143/blog/i028/873

『国分寺・国立本』

IMG_2586moook本『国分寺・国立本』が、エイ出版さんより発売されました。
その中、前の方の:TOPICS 10 というページ内で、たとぱにを紹介いただいています。
TOPICS 10には、国立のカゴアミドリさんや国分寺のこどもパンさん、西国分寺のゆるキャラ「にしこくん」も出ています(←国立のゆるキャラ:くにニャンでなくて残念)
 
本のサブタイトルは「この街で暮らせて良かった」
お店の紹介のほかに街の歴史、街が愛される理由など、国分寺・国立それぞれの魅力について掘り下げられています。
 
私自身、縁があって住みはじめた「国立」 気付けばもう20年以上たち、たとぱにのお店を構えて10年以上がたちました。
引っ越して来た当時は、国立でお店をやるなんて思ってもいなかったけれど・・・
今はやはり「この街で暮らせて良かった」と思っています。 
街が小さいためか、人と人がつながりやすく、刺激しあえることも、私にとっては魅力です。
 
国立の街の景色の一部になれるよう、これからも精進いたします。