自然栽培綿カーテン納品事例 1612-1

自然栽培綿カーテンには柄物が2点ほどありまして、そのひとつ:春らしいサーモンピンクのお花柄です。
さりげなくかわいらしい柄で素敵なのですが、なぜかあまり採用されず・・・貴重な納品例の写真です。

【1612 小平市 Kさん宅】

新築の一戸建て/子供室の出窓 タイタック式カーテン ドレープ:13M-003 レース R-30

可愛らしい小さな女の子のお部屋。本人が選んでくれました。


納品の際に窓の前でかわいくポーズをしてくれて、実はこの写真の下の方に写っていたのですが、掲載の承諾を得ていないのでカットしてしまいました。

タペストリーカーテン使用例  @春のインテリアフェア 2017′

タペストリーカーテン使用例の写真です。丈は全て170㎝


左:洗面所の仕切り (薄手生地)  右:押入れの扉替わり(厚手生地)
 
 

左:玄関の目隠し (薄手生地) 右;部屋の間仕切り(厚手生地)
  
 
入り口の目隠し(厚手生地)    …上部タブ式、裾はフリンジになっている
 

自然栽培綿カーテン納品事例 1604

【1604  昭島市 Tさん宅】
新築の一戸建て。 
木の梁と天井が見え、すっきりとした印象の和室。寝室としてお使いになるということでした。
自然栽培綿の生地は、和室でも雰囲気が合います。
 

 
少し遮光性があったほうがいいとのことで、ドレープは濃紺の五倍子染めの生地 N-2O
自然栽培綿カーテンの中で最も濃い色の生地です。


  
打ち合せに伺った際には、草木染めの布3点と最も厚手のきなり色の布(N-03)を持参し、実際のお部屋の窓に並べて吊り下げ、比較しながら見ていただきました。
そして、サンプル2点をそのまま貸し出し、夜の様子もご確認いただいきました。
(窓の前に街灯があり、夜にその光の透け具合も確認したいとのことでした)
じっくりとご検討いただく時間がとれないケースが多いですが、余裕があればできるだけ対応させていただいています。
 

  
レースはラインのあるもの、無いものと悩みましたが、きなりのラインが20ミリ間隔で入っている R-31 をご採用いただきました。
 

自然栽培綿カーテン納品事例 1607-1

【1607 立川市 Sさん宅】
1607-2   
   
猫ちゃんがいる家の小窓です。(Sさんの写真をお借りしました)

以前はつっぱり棒に布を下げていたそうですが、猫さん達がひっぱり落としたりをくりかえすうちに布が痛み、はずしたまま数年がたってしまったとのこと。
でもやっぱりカーテンが欲しい、とのことでメイルでのご相談からはじまりました。

1607-1

薄手の生地のタイタックピンで留める、タイタック式カーテンです。
つっぱり棒ではなく、ステンレス製の細いパイプをねじ込み式ブラケットで設置しているので、ひっぱられても落ちる心配はありません。
    
  
猫さん達にも気に入ってもらえたようです。でも、ひっぱらないでね・・・
    
万一、猫の爪で糸がつれてしまった時は、その糸をそっとひっぱってみてください。軽傷であれば、もとにもどります。

ちなみに我が家にも猫がいるのですが、カーテンにはあまり興味を示しません。(紙や段ボールをいじるのが好き)
ただ、たいがいの猫がそうであるように、揺れる紐は大好きなので、タッセルは使えません。

Sさんのブログでご紹介いただきました。記事のタイトルは 「カーテンに恋をする」

1607-3