自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1808

【1808 野田市 Mさん宅】

リビングダイニング 庭に面して並んだはき出し窓2箇所 一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー19 よもぎ染めの糸を使ったななこ織りの生地。
▼レース 布品番:R−30 きなり色の透け感のある素朴な風合いの生地。


 
定番となりつつある、無垢の木と左官のぬり壁の家に、アイアンレール+自然栽培綿カーテン。
 

 
よもぎ染めの色は落ち着いたグリーン系。光の具合で実際よりも布の色が濃く写っています。
 

 
上部が吹き抜けになっているリビングダイニング。上から見たところの写真です。
 

 
薪ストーブが置かれた土間にあるガラス扉の前には、金属製のつっぱり棒+タペストリーカーテン。
 

 
春先に一度ご来店いただき、仕様を検討して見積もりを出してありました。
住宅の完成間近に採寸打ち合せにうかがい、最終の仕様決めをして、8月に納品という流れ。
お引越し前の忙しい時期、とても暑い日でしたが、お客様にも立ち会っていただきました。
自然素材を使った住宅の中はエアコンがなくても意外と快適、カーテンが付くと益々涼しげでした。
・・・でもカーテン工事の職人さん(赤いポロシャツのTさん)は汗だくでしたー。
 
建物は、千葉県野田市にある株式会社グッドリビングさんの自然素材の家「どんぐりの家」

自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1807-2

【1807 高尾 Kさん宅】-2

前回りビングルームのカーテンをご紹介したKさん宅の2階、子供室と寝室の窓です。
仕様は2部屋共通で、一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー17 ざくろ染めの糸を使った濃紺色の綾織の生地。
▼レース 布品番:R−35 濃紺色の糸(五倍子染め)のラインが約10㎝間隔で入っている生地。


 
カーテンタッセルは自然栽培綿の糸を編んだボンボンが付いているもの。


 
カーテンレールは一般的な金属製レールで、色は壁の色に合わせてホワイト。


 
子供室は壁の一部にも木が貼られていて、勉強机のコーナーも造作家具でできていました。
自然栽培綿の生地は綿の力で紫外線カットをしてくれるので、木の日焼けを防ぐのにも役に立ちます。
 

 
建物の施工は相模原市にある 創和建設 さん。自然素材の注文住宅を多く手がけられています。
 

自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1807-1

【1807 高尾 Kさん宅】-1

広い玄関から続いた土間コーナーと、一段上がったリビングの壁面にそれぞれ大きな窓。
一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー10 茶綿の細めの糸で密度をつめて織ったシンプルな平織りの生地。
▼レース 布品番:R−31 きなりのラインが20ミリ間隔で入っている薄手のやわらかな生地。。


 
アイアンレールは tool boxさんのものを取付けました。
 

 
窓の向こう側、土間の壁面にはアイアンのブラケット照明が付いており、雰囲気がぴったり。
 

 
リビングの窓の上は吹き抜けになっています。
 

 
吹き抜け上の窓は何も付けない予定でしたが、やはり日除けが必要だろうということで、ロールスクリーンを取り付けました。
ベランダに出る扉の前には、タイタック式カーテン R-31

建物の施工は相模原市にある 創和建設 さん。自然素材の注文住宅を多く手がけられています。
 

島のパン屋さんの手作りカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1802

たとぱにより納めた「自然栽培綿カーテン」の写真を送っていただきました。

【1802 愛媛県 まるまどさん】
▼レース 布品番:R−30 オリジナルカーテン
=メイルで送ってくださった写真、文章と共に下に掲載させていただきます。
 


  
ソファー側のカーテンは、お店の開店時間は外しています。
どういう構造にして取付けるか色々考えたのですが、色々思案した結果、
カーテンは丸棒を通して、つり下げたロープに引っ掛けることにしました。
丸棒も自然の枝だったら、ロープももっと素材感のあるものだったら、
もっと素敵だろうなあと思うものの、結構この構造を気に入っております。
何より、使い始めた頃より今の方が、カーテンを通して感じる光のニュアンスにしびれております。
この感じは他のものでは感じられないであろうなあと、
本当にかけがえの無い、心の栄養になるような、すてきなカーテンです!


ドライフラワーの飾っている側のカーテンは常時つり下げているのですが、
ドライフラワーが本当にきれいに見えます。うっとりする相性の良さです。

手縫い故の、何となく形のゆがみなんか、自分で気になるところではありますが、
いずれ時が来たら追々修正することとして、今後も長く愛用させて頂きたいと思います。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

「心の栄養になるような、すてきなカーテン」なんて表現していただいて、とてもうれしいです。
ご愛用に感謝いたします!

今年の2月頃に納めたカーテンです。あ、正確には布を販売しただけなんですけどね。
ご自身で考えて、素敵なカーテンを手作りしてくださいました。
選んでいただいた布は、透け感のきれいなプレーンな生地品番:R-30
カーテンのすその糸を何本か抜いて、フリンジにしているのがポイントです。
取り付けた場所は新規にOPENされた天然酵母のパン屋さんの窓。

お店の名前は「まるまど」 愛媛県に属する瀬戸内海の島、大三島(おおみしま)にあります。
以前に国分寺市に住んでいらしたKさん一家が、3年ほど前に移住された先でパン屋さんを開かれました。

とってもおいしそうなパン&素敵なお店で、地元でも話題になっている様子です。
お二人のくらしぶりと大三島にも興味津々。ブログを時々チェックしています まるまどさん ブログ
おいしそうなパンはこちらで まるまどさん FB

瀬戸内方面にご縁のある方、是非お立ち寄りください。しまなみ海道・大三島ICから車で約5分です。
私もいつか必ず行ってみたいです〜

自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1809-1

【1809 大磯町 Oさん宅】
リビングルームの大きな掃き出し窓と腰窓、レールの取り付け位置と仕様がそれぞれ違います。

カーテンを付ける前の写真があるとわかりやすい、というお声があったので、まずは取り付け前の窓。

大きな掃き出し窓:カーテンレールは枠の内付け 黒のスチールパイプ+専用ブラケット
▼レース 布品番:B−2001 一つ山縫製

窓の左側がキッチンのコンロに近く、右側はストーブに近いということで、カーテンを窓の手前にあまり出したくないという理由から、カーテンレールを枠の中に取り付けました。

腰窓:カーテンレールは枠の外付け 西側で強い西日を避けるため、ドレープ生地の一枚がけ。
▼ドレープ 布品番:N-01 一つ山縫製

西日を避けるのが目的なので、枠の外側にレールを取り付けました。
外付けの場合、レールは左右を窓枠よりのばし、カーテン丈も枠下に伸ばして作りますので、窓をしっかりとおおうことができ、日よけや防寒のためにはおすすめです。
将来レースカーテンを増やしたくなっら、枠の中に掃き出し窓と同じパイプを取り付ることもできます。


カーテン工事にはご主人が立ち会ってくださいました。

出産で郷に帰られていた奥さんへ、スマホで画像を映しながらさっそく報告をして下さっているご主人の後ろ姿→
やさしいですね〜

建物の施工は相模原市にある創和建設さん。自然素材の注文住宅を多く手がけられています。

クリップカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1508

【1508 府中市 Mさん宅】

ドレープ、レース共にクリップ式。
▼ドレープ 布品番:Tー05 茶綿のライン(太さ15mm)が12㎝間隔で入っている生地。
▼レース 布品番:R−30 きなりの無地、薄手のやわらかて素朴な風合いの生地。

ドレープ、レース共にクリップ式。
▼ドレープ 布品番:Nー10 茶綿の細めの糸で密度をつめて織ったシンプルな平織りの生地。
▼レース 布品番:R−30 きなりの無地、薄手のやわらかて素朴な風合いの生地。

クリップ式カーテンは、布幅をそのまま使います。
どちらの窓も布1枚:片開きでちょうどいい窓の大きさでした。

カーテンレールの位置が窓枠の上だったので、クリップの下にできる隙間が気になりませんでした。
(窓枠にレールが付いている場合は、光の漏れが気になる場合があります)

たとぱにのお店が国立駅南側のビルの3階にあった頃から、来てくださっていたMさん。
当時は時々天然酵母のパンを販売していて、Mさんはお気に入りのパンをよく買いに来てくださっていました。その頃から「いつかカーテンを」と思って下さっていたそうで、本当にありがたいご縁です。
今回はお引越しのタイミングで、カーテンの注文に来て下さいました。

新しい生活の拠点で、このカーテンと共におだかやかな日々が過ごせますように。