【自然素材の手づくり体験】 @自然素材のかご展

9月の「自然素材のかご展」にて行う ワークショップ 【自然素材の手づくり体験】 の内容についてお知らせします。
8〜10日の三日間、内容は日替わり、所要時間は2時間程度です。

9月8日(金) 樹皮のアクセサリー/ブレスレット、バレッタ、ブローチの中から2点
9月9日(土) シュロの葉のかご
9月10日(日)樹皮のミニカゴ  

参加費:2500円(材料費込み)
時間:11〜13時/14〜16時  
※当日空きがあれば予約なしでも可能ですが、事前にご予約いただいたほうが確実です。
  予約、問い合せ先=たとぱに tel 042-574-2169 info@tatopani.jp

会場:ギャラリー&カフェ 森のアトリエ 

 

自然素材のかご展@森のアトリエ

9月に「自然素材のかご展」として、〈木のヒゲ〉長谷川美和子と会の参加者の作品展を開催いたします。
木のヒゲの作品展は、過去にたとぱにの2階で数回行ったことはあるのですが、今回の会場は風格のある築300年の古民家!
ご縁に感謝です。とても広いので、たくさんのかご達を並べられそうです。
たとぱに以外に青梅、秩父でのかご編みの会参加者の作品も展示するほか、販売コーナーには、樹皮の手提げバックや、陶器、硝子作品など、つながりのある作り手さん達の作品が並びます。

■期間/2017年9月1日(金)〜15日(金) 11〜17時 月曜休 
■会場/ギャラリー&カフェ 森のアトリエ 
八王子市上恩方町4603 TEL : 090-4383-0387 (ご予約いただければお食事もできます)
■アクセス/JR中央線or京王線・高尾駅北口バスのりば(1番)より、霊園32系統「大久保・陣馬高原下」行きに乗車
下川井野バス停下車(乗車時間約28分)、バス停から徒歩1分、来た道を50mほど戻ってください  駐車場あり(7〜8台)
バスは1時間に1本程度しかありませんので、時間を調べてお越し下さい → 後日、時刻表をアップします。
■展覧会事務局/辻村ひとみ・吉川サツキ  問い合せ先 :たとぱに tel 042-574-2169 info@tatopani.jp
  

8(金)、9(土)、10(日)には、ワークショップを開催。
作品達を見た後には、きっと手を動かしたくなると思いますので、お時間のある方は是非ご参加ください。
内容は日替わりで、2時間程度でできますので、どうぞお気軽に。初心者の方でも大丈夫です。 →内容については後日アップいたします。

今月のたとぱに:2017.8月

さて8月は、9月にむけてかかえている宿題がいくつかあるので、それらを淡々とこなしていきますぞ!
お盆休みは、定休日がからむので15日(火)のみcloseとなります。ご了承ください。
集中豪雨があったり、かと思うと水不足の地域もあり、悩ましい今年の夏ですが、気候の変化と体調には気をつけてお過ごしください。

◉営業時間の変更について (現時点でわかっている予定のみです。追加変更はまたお知らせいたします)
8月15日(火) : 臨時休業
8月26日(土) : 臨時休業
8月30日(水) : 臨時休業

◉イベントのお知らせ
木のヒゲ「自然素材を編む」 少人数のレッスンは受付けしております。
・ワンデイレッスン  : 8月はお休みいたします。

木のヒゲ「自然素材のかご展」9月1日(金)〜15日(金)  場所:森のアトリエ   
陣馬高原の麓にある築300年の風格のある古民家に自然素材のかご達が並びます。
手仕事仲間による樹皮の手提げバックや布の作品等、一部の作品は販売もいたします。

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2017 – 7月

7月の木のヒゲ【1day レッスン】のお知らせです。
課題は樹皮を使ったかご。樹皮は、くるみ、桑、楮など、数種類の中からお選びいただきます。


大きさは12センチ角程度です。

■日時:7月21日(金) am 10:00〜pm4:00  
■会費:4000円(材料費含む)
■定員:3〜4人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食 (はさみはお手持ちがなければ、お貸しできます)
 
*参加希望の方はご予約ください。 tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
 第三週に予定していますが、22日(土)は野外レッスンがあるため、21日(金)のみです。他の日程をご希望の方はご相談ください。

*8月のワンデイレッスンはお休みいたします。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
▼他に、予定が決まっているレッスンで、参加者募集中のもの。

・番外レッスン/持ち手付ゴッズアイのかご :26日(水)am 10:00〜pm4:00  4000円(材料費含む)  ※1名空席あり  

・野外レッスン 下記の2つはまだ若干空きがございます。(他は定員となり閉切りました)
■日時:7月22日(土) 10:00 〜16:30 /場所:高尾 /ひのきの樹皮の採取(皮むき間伐の体験)をします。
■日時:7月23日(日) 10:00 〜15:00/場所:青梅賢治の農楽校/苧麻、みょうが等の草の採取
野外レッスンの詳細はこちらをご覧下さい。
 

今月のたとぱに:2017.7月

2017年も半分が終わり、後半に突入ですね・・・頑張らねば〜!
7月は、木のヒゲの野外レッスンなど、アウトドアイベントが多くなります。事故やケガの無いよう気をつけつつ、皆さんと楽しみたいと思っております。
最後の1週間は夏休みをとりますので、ご了承ください。

◉営業時間の変更について (現時点でわかっている予定のみです。追加変更はまたお知らせいたします)
7月22日(土) : 臨時休業
7月25日(火)〜31日(月) : 夏休み

◉イベントのお知らせ
木のヒゲ「自然素材を編む」 : 素材採取のシーズンのため、野外レッスンが4回も! 22日の高尾は皮むき伐採の体験ができますので、夏休みのお子さんも是非ご参加ください。
・野外レッスン       : 2日/青梅   10日/秩父   22日/高尾    23日/青梅   →詳細はこちらをご覧下さい。
・ワンデイレッスン  : 21日(金)
・番外レッスン      : 26日(水) 持ち手つきのかご

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2017 – 野外レッスン

「野外レッスン」とは、編む素材が自然の中でどのようにあり採取するのか、そこから編める状態にするにはどうするのか、
知りたい&知ってもらいたいということからはじめたフィールドワークです。
時期も量も限られますが、山に入ることは、山の手入れにもつながります。
自然の恵みへの感謝を忘れずに、山へ、森へ出かけませんか。

ありがたくも、場を提供してくださる方との出会いが新たにあり、昨年より回を増やすことができました。
樹皮の採取は水を多く吸い上げる梅雨明け前後がベストなので、7月に集中して、3カ所で開催いたします。

その1: 杉の樹皮の採取

■日時:7月2日(日) 10:00 〜15:00
■場所:青梅賢治の農楽校
■定員:10名(合同) 青梅賢治の農楽校の参加者の方との合同企画です。
■費用:3.000円
■内容:木こりさんにその場で木を切り倒していただき、切った丸太を運んで皮をむき、下処理(表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮る)をします。
昨年の様子はこちらを参考にご覧下さい。


その2: 胡桃、桑の樹皮の採取

■日時:7月10日(月) 10:00 〜15:00
■場所:秩父 ・ 山逢の里キャンプ場
■定員:10名
■費用:5.000円 /昼食付き(キャンプ場使用料1000円を含みます)
■内容:事前に切り倒してある胡桃の木から枝を切ったり、桑の木などを切り、皮をはがし、下処理(鍋で煮る)をします。


その3: ひのきの樹皮の採取

■日時:7月22日(土) 10:00 〜16:30
■場所:高尾
■定員:15名〜(合同) 青梅賢治の農楽校の参加者の方との合同企画です。
■費用:4000円大人3500円 こども(小中高生)500円 *家族参加の場合は無料    訂正ありました。
■内容:【皮むき間伐】の体験をします。樹を切り倒さずに、木の皮をむく間伐方法です。
当日、下処理作業はできません。翌23日に青梅賢治の農楽校に来られる方は、青梅にて皆で下処理を行います。
来られない方は、ご自身で下処理(表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮る)をしてください。(たとぱにでも可能)


その4(連動企画): 苧麻、みょうが等の草の採取

■日時:7月 23日(日) 10:00 〜15:00
■場所:青梅賢治の農楽校
■費用:1.000円
■内容:苧麻(ちょま)とみょうがの葉の採取と、前日に採取した樹皮の下処理(表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮る)を行います。
草や苧麻などのお持ち帰りもできますが、量は採取量に応じて決めさせていただきます。

– ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・-
参加希望の方はご予約ください。
tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
ご希望の日程、名前、住所、連絡先をお知らせ下さい。

※ 当日の行き方や持ち物などの詳細は、参加者の方に別途お知らせいたします。
※ 申込みは先着順です。定員に達してしまった場合は、キャンセル待ちとなります。ご希望にそえない場合もございますので、ご了承ください。
素材の採取後は. . .
採った樹皮は各自お持ち帰りいただき、夏の間に乾燥させます。
その後、作るものに応じてヒゴ状にカットしたり、表面をととのえたり、なめしたりという作業があり、編む工程となります。草やちょまなどは、乾燥後に縄ないをして、かご編みの素材にします。
各素材ごとに、加工と作品作りの2回に分け、9.10月にレッスンを設けますので、こちらも是非ご参加ください。(場所はたとぱに)