木のヒゲの〈自然素材を編む〉2018 – 11月-2

11月の木のヒゲ【1day レッスン】のお知らせです。
第4週の課題は、スタンダードなざる編みのかご。
直径20センチ程度。素材は写真とは異なり、へくそかずら又は葛を予定しています。
(変更となる場合もございます)

■日時:11月-24(土) am 10:00~pm4:00
※23日は祝日のためお休みですが、リクエストあれば検討します。
■費用:4500円/材料費込
■定員:3~4人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食 (はさみはなければお貸しできます)

*参加希望の方はご予約ください。 tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
ご自身のお名前、連絡先、ご希望日をお知らせください。
webからの予約はこちら

第14回 kunitachiゆる市

11月18日(日)はkunitachiゆる市です。
今回の会場は、たとぱにを含む北エリアの個人店やアトリエなど8カ所、26のお店がつどいます。
国立市周辺には魅力的なお店や作家さんが多くいらして、その中のごく一部ですが、ギュギュッと集まる楽しいマーケットです。
全体の会場MAP、出店者情報などについては、ゆる市ブログをご覧下さい。

たとぱに会場には、古本泡山さん(古本)と 根々さん(お弁当)が出店してくださいます。
 

 
お時間とれましたら是非、遊びにいらしてください。
私自身もいつもとちがうお店の雰囲気を楽しみながら、お待ちしております。

写真は2016年秋に会場だった際のもの。この時はたとぱにのお隣もopenしたのだったな〜 
 

◉kunitachiゆる市 ブログ
日時:11月18日(日)11:00~16:00 (雨天決行)
今回からはじまりと終わりの時間が1時間ずつうしろにずれますので、お間違えなく!

自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1808

【1808 野田市 Mさん宅】

リビングダイニング 庭に面して並んだはき出し窓2箇所 一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー19 よもぎ染めの糸を使ったななこ織りの生地。
▼レース 布品番:R−30 きなり色の透け感のある素朴な風合いの生地。


 
定番となりつつある、無垢の木と左官のぬり壁の家に、アイアンレール+自然栽培綿カーテン。
 

 
よもぎ染めの色は落ち着いたグリーン系。光の具合で実際よりも布の色が濃く写っています。
 

 
上部が吹き抜けになっているリビングダイニング。上から見たところの写真です。
 

 
薪ストーブが置かれた土間にあるガラス扉の前には、金属製のつっぱり棒+タペストリーカーテン。
 

 
春先に一度ご来店いただき、仕様を検討して見積もりを出してありました。
住宅の完成間近に採寸打ち合せにうかがい、最終の仕様決めをして、8月に納品という流れ。
お引越し前の忙しい時期、とても暑い日でしたが、お客様にも立ち会っていただきました。
自然素材を使った住宅の中はエアコンがなくても意外と快適、カーテンが付くと益々涼しげでした。
・・・でもカーテン工事の職人さん(赤いポロシャツのTさん)は汗だくでしたー。
 
建物は、千葉県野田市にある株式会社グッドリビングさんの自然素材の家「どんぐりの家」

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2018 – 11月-1

11月の木のヒゲ【1day レッスン】のお知らせです。第3週と4週でちがう課題を予定しています。
第3週の課題は、自然素材のリースです。写真のリースは昨年の参加者の方の作品です。参考まで。


 
■日時:11月-16金), 17(土) 午前の部 10:00~13:00/午後の部 14:00~17:00
 ※各回とも同じ内容です。
■費用:3000円/材料費込
■定員:3~4人程度
■持ちもの:エプロン、持ち帰り用袋

*参加希望の方はご予約ください。 tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
ご自身のお名前、連絡先、ご希望日をお知らせください。
webからの予約はこちら

今月のたとぱに:2018.11月

11月ですねー。今年できることは今年やるよう、頑張ろう!
ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー/ー

◉営業時間の変更、お休みについて

11月10日(土) 12:00 open
11月17日(土) 16:00 close (18日のKunitachiゆる市準備のため)

その他、急な変更はFBでお知らせいたします。

◉イベントなどのお知らせ

秋フェア「草木色の秋」 10月13日(土)~11月16日(金) 詳細はこちら

kunitachiゆる市:11月18日(日) 今回は「国立北口エリア」にて開催!kunitachiゆる市ブログ

あとりえ和〜楽「カラーワーク」 :11月1日(木)
・蔓に手つむぎ糸をかけて壁飾り作り 詳細はこちら

木のヒゲ「自然素材を編む」 ※レッスンの予約の一部は web shop からも可能です。
・ワンデイレッスン: 11月16日(金).17日(土):自然素材のリース 24日(土):ざる編みの蔓かご
・おためしレッスンA+B:11月18日(日) 25日(日) 詳細はこちら

自然素材の家のカーテン 自然栽培綿カーテン納品事例1807-2

【1807 高尾 Kさん宅】-2

前回りビングルームのカーテンをご紹介したKさん宅の2階、子供室と寝室の窓です。
仕様は2部屋共通で、一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー17 ざくろ染めの糸を使った濃紺色の綾織の生地。
▼レース 布品番:R−35 濃紺色の糸(五倍子染め)のラインが約10㎝間隔で入っている生地。


 
カーテンタッセルは自然栽培綿の糸を編んだボンボンが付いているもの。


 
カーテンレールは一般的な金属製レールで、色は壁の色に合わせてホワイト。


 
子供室は壁の一部にも木が貼られていて、勉強机のコーナーも造作家具でできていました。
自然栽培綿の生地は綿の力で紫外線カットをしてくれるので、木の日焼けを防ぐのにも役に立ちます。
 

 
建物の施工は相模原市にある 創和建設 さん。自然素材の注文住宅を多く手がけられています。