木のヒゲの〈自然素材を編む〉2018 – 7月

7月の【1day レッスン】のお知らせです。課題は樹皮を使ったかご-1 ミニプランターカバー。


サイズ:巾12㎝ 高さ15㎝程度 素材:クルミの樹皮を予定しています(変更となる場合もございます)

■日時:7月-20金), 27(金), 28(土) am 10:00~pm4:00 ※各回とも同じ内容です。
★第3土曜日(21日)は野外レッスンがあるため、ワンデイレッスンはお休みとなります。
■費用:4500円/材料費込
■定員:3~4人程度
■持ちもの:花切りはさみ、エプロン、持ち帰り用袋、昼食 (はさみはなければお貸しできます)

*参加希望の方はご予約ください。 tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
webからの予約はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月のワンデイレッスンはお休みです。

今月のたとぱに:2018.7月

早くも梅雨が明けてしまって、いきなり猛暑!でスタートした今年の7月。
まだまだ先は長いので、暑さに体を少しずつならして、夏を楽しみたいですね。

◉営業時間の変更、お休みについて
7月5日(木) 14:30 CLOSE
7月11日(水) 14:30 CLOSE
7月25日〜31日 CLOSE (夏季休業となります)
他に、急な変更はFBでお知らせいたします。

◉イベントなどのお知らせ
自然素材の夏コレクション 7月6日(金)〜20日(金)

木のヒゲ「自然素材を編む」(たとぱに夏季休業中でも開催します)
・ワンデイレッスン: 7月20日,27日,28日 詳細は
・おためしレッスンA+B:
・野外レッスン: 7月1日,21日,22日 21.22日は参加者を募集中です。詳細は
※木のヒゲのレッスンの予約の一部は web shop からも可能です。

ほうき作り @てのわ市 終了しました

日曜日「てのわ市」たくさんの方にお立ち寄りいただきまして、どうもありがとうございました。

たとぱには、ほき草(コキア)を使ったほうき作りをやりました。
自然素材を使った手仕事の楽しさを共有できたこと、うれしく思います。
ただ、反省点も多かったのが実際のところ。まずは、ひとつお詫びがございます。

★当日子供さんが作られたほうきが自宅ですぐにバラバラになってしまった、というご連絡が1件ございました。大変申し訳ありませんでした。もしも同じような方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご一報ください。店頭にご持参いただければ、修理いたします。

お子さん用のminiサイズのほうきは、大人と同じ作り方ではなく、リボンなどを巻いて作る簡単な方法にしていました。リボンを巻く前にほうき草を紐で束ねるのは私の役目だったのですが、その縛り方が少しゆるかったのが一因だと思われます。(ボンドを併用すればよかったのですが、今回は使いませんでした)また、リボンの素材によっては接着が弱く、はがれやすかったようです。

大人の方にレクチャーした紐の巻き方は、ゆるむことんがないような手法で、こちらは問題ないと思うのですが、もし万一紐が取れたりして困るようなことがあれば、お知らせください。

もちろん手作りのほうきの特性として、使って行くうちに草がぬけることはありますので、それらについてはご理解ください。

作りたかったけれど待ち時間があってできなかったという方にも、大変申し訳ありませんでした。
ワークショップは私ともう一人スタッフがおりましたが、一度にたくさんの対応ができませんでした。
いろいろ想定して準備をしていたつもりだったのですが、対応力不足でした。

これもまたひとつの経験として、今後に活かせればと思っております。

「てのわ市」全体としては、ほんとうに充実した楽しいイベントだったと思います。
気持ちの良い緑にかこまれた公園で、音楽を聞きながら、おいしいものを食べたり、美しものにふれたり、手作りを楽しんだり・・・ワクワク感に満ちた小さなおまつりのような光景がみられました。
企画をしてくれたてのわ部のみなさん、公園のスタッフの方々、お手伝いのボランティアさん、皆さんのおかげです。
まわりの出店者さん達もとてもたのもしく、新たな繋がりができてうれしかったです。
差し入れを持って来てくれた友人や、忙しそうだからと手伝ってくれた友人にも、助けられました。
ほうき草(コキア)を提供してくださった青梅のSさん、ワークショップを一緒にやってくれたIさんにはたいへんお世話になりました。

イベントに参加すると、お立ち寄りくださるお客さんはもちろんのこと、周囲のささえてくださる方達の存在を、いつも以上に実感します。すべての関係者に感謝いたします。

 

今月のたとぱに:2018.6月

6月は前半はイベントがつづくのですが、後半は今のところのんびりムード。
梅雨のジメジメにめげないよう、紫陽花に癒されながら頑張りたいと思います。
7月には「夏コレクション」と 綿小物のmini saleを企画中です。

◉営業時間の変更について
6月14日(火) 13:30 OPEN

急な変更はFBでお知らせいたします。

◉イベントなどのお知らせ
てのわ市に出店。 ほうきのワークショップをします。詳細はこちら
 日時:6月3日(日) 10:30〜16:00 (雨天中止)
 場所:都立武蔵国分寺公園「こもれび広場」

mbira(ムビラ)演奏会 6月4日(月)
 mbira とはアフリカ・ジンバブエに住むショナ族古来の民族楽器。鉄と木でできた小さな楽器です。

木のヒゲ「自然素材を編む」
ワンデイレッスン: 今月はお休みです。
おためしレッスンA+B:6月30日(土) 詳細は
野外レッスン(7月1日,7月21日)参加者を募集中です。詳細は
※木のヒゲのレッスンの予約の一部は web shop からも可能です。
 

木のヒゲの〈自然素材を編む〉2018 – 野外レッスン

「野外レッスン」とは
編む素材が自然の中でどのようにあり採取するのか、そこから編める状態にするにはどうするのか、
知りたい&知ってもらいたいということからはじめたフィールドワークです。
樹皮の採取は水を多く吸い上げる梅雨明け前後がベスト。
昨年に引き続き場を提供してくださる方とのつながりから、樹皮の採取を2箇所で行います。
素材は杉と檜。それぞれにちがう手法で樹皮を剥ぐので、それもまた興味深いところです。
山に人が入ることは、山の手入れにもつながります。
自然の恵みへの感謝を忘れずに、山へ、森へ出かけませんか。

その1: 杉の樹皮の採取(青梅)
木こりさんにその場で木を切り倒していただき、グループに別れて切った丸太を運び皮をむきます。
午後は樹皮の表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮るなどの下処理作業をします。
一昨年の様子はこちら
■場所:青梅賢治の農楽校/青梅市成木 JR青梅線東青梅駅からバス、バス停から徒歩30分 車でのご来場も可能です。※ 行き方の詳細は、参加者の方に別途お知らせいたします。
■日時:7月1日(日) am 10:00~pm3:00
■費用:3.000円 こども(小中高生)500円
■定員:10名(合同) 青梅賢治の農楽校の参加者の方との合同企画です。

 
その2: ひのきの樹皮の採取(高尾)
森と踊る木こり体験会 に参加し、『皮むき間伐』の体験をします。
樹を切り倒さずに、木の皮をむく間伐方法で、お子さんや女性でも参加できます。

皮むき間伐とは→森と踊る(株)HP
当日、下処理作業はできません。翌23日に青梅賢治の農楽校にて皆で下処理を行います。
来られない方は、ご自身で下処理(表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮る)をしてください。
■場所:高尾 恩方中学校近辺の森 ※車でのご来場はできません
    JR中央線高尾駅「高尾駅北口」9:34発【陣馬高原下行き】バス停『恩方中学校』下車
■日時:7月21日(土) 10:00 ~4:30 ※10:00恩方中学校バス停 集合
■費用:大人3500円 こども(小中高生)500円 *家族参加の場合は無料
■定員:15名(合同) 

 
連動企画(青梅): 前日に採取した樹皮の下処理 + 苧麻(ちょま)、みょうが等の草の採取
苧麻(ちょま)とみょうがの葉の採取と、前日に採取した樹皮の下処理(表面の鬼皮をはぎ、鍋で煮る)を行います。
■場所:青梅賢治の農楽校
■日時:7月 22日(日) 10:00 〜15:00
■費用:1.000円 草や苧麻などのお持ち帰りもできます(500円) 

– ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・- ・-
参加希望の方はご予約ください。
tel/fax: 042-574-2169  mail: info@tatopani.jp
ご希望の日程、名前、住所、連絡先をお知らせ下さい。

こちらからもご予約が可能です WEBSHOP

◉持ちもの(各回共通)
:園芸用はさみ、カッター、へら、ビニール袋、軍手、エプロン、雨具、帽子、飲み物、お弁当、虫対策のもの。へらはお料理に使うようなゴムベラ、木べらなど。
◉しっかりとした靴、動きやすい服装(長袖)でいらしてください。
◉申込みは先着順です。定員に達してしまった場合は、キャンセル待ちとなります。
◉天候などの都合により、内容や日程が変更となる場合がございます。

▼素材の採取後は. . .
採った樹皮は各自お持ち帰りいただき、夏の間に乾燥させます。
その後、作るものに応じてヒゴ状にカットしたり、表面をととのえたり、なめしたりという作業があり、編む工程となります。草やちょまなどは、乾燥後に縄ないをして、かご編みの素材にします。
各素材ごとに、加工と作品作りの2回に分け、9.10月にレッスンを設けますので、こちらも是非ご参加ください。(場所はたとぱに)

ほうき作り @てのわ市・武蔵国分寺公園

6月3日(日)「てのわ市」での、ほうき作りワークショップの詳細です。

▪️費用=手ぼうき大・中:1500円  子供用mini:800円
※親子で作られる場合は、ペアで2000円に割引いたします。

▪️所用時間=1時間かかならいぐらいです。
参加者が複数の場合は、少しお待ちいただくことがあるかもしれません。

是非お気軽にご参加ください。
 

 
手順としては・・・

1. ほうき草の束を選び、ゴミやタネを取るためブラシをかけ、形を整えながら手でまとめます。

2. 麻紐や自然栽培綿の糸の中から、好きな色をご選んで持ち手の部分を縛ります。
 縛り方にポイントがあるのでレクチャーいたします。
 小さなお子さん用には、布やリボンなどをご用意しています。

ご注意

・ほうき草は事前にある程度ブラッシング済みで、一人分の量で束にしてあります。
・自然の素材なので、色や形、大きさにばらつきがある点、ご理解ください。
・数が限られるためなくなり次第終了いたします。確実に作りたい方は6月2日までにご予約ください。
 Tel/Fax :042-574-2169 Mail:info@tatopani.jp