ほうき作り @てのわ市 終了しました

日曜日「てのわ市」たくさんの方にお立ち寄りいただきまして、どうもありがとうございました。

たとぱには、ほき草(コキア)を使ったほうき作りをやりました。
自然素材を使った手仕事の楽しさを共有できたこと、うれしく思います。
ただ、反省点も多かったのが実際のところ。まずは、ひとつお詫びがございます。

★当日子供さんが作られたほうきが自宅ですぐにバラバラになってしまった、というご連絡が1件ございました。大変申し訳ありませんでした。もしも同じような方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご一報ください。店頭にご持参いただければ、修理いたします。

お子さん用のminiサイズのほうきは、大人と同じ作り方ではなく、リボンなどを巻いて作る簡単な方法にしていました。リボンを巻く前にほうき草を紐で束ねるのは私の役目だったのですが、その縛り方が少しゆるかったのが一因だと思われます。(ボンドを併用すればよかったのですが、今回は使いませんでした)また、リボンの素材によっては接着が弱く、はがれやすかったようです。

大人の方にレクチャーした紐の巻き方は、ゆるむことんがないような手法で、こちらは問題ないと思うのですが、もし万一紐が取れたりして困るようなことがあれば、お知らせください。

もちろん手作りのほうきの特性として、使って行くうちに草がぬけることはありますので、それらについてはご理解ください。

作りたかったけれど待ち時間があってできなかったという方にも、大変申し訳ありませんでした。
ワークショップは私ともう一人スタッフがおりましたが、一度にたくさんの対応ができませんでした。
いろいろ想定して準備をしていたつもりだったのですが、対応力不足でした。

これもまたひとつの経験として、今後に活かせればと思っております。

「てのわ市」全体としては、ほんとうに充実した楽しいイベントだったと思います。
気持ちの良い緑にかこまれた公園で、音楽を聞きながら、おいしいものを食べたり、美しものにふれたり、手作りを楽しんだり・・・ワクワク感に満ちた小さなおまつりのような光景がみられました。
企画をしてくれたてのわ部のみなさん、公園のスタッフの方々、お手伝いのボランティアさん、皆さんのおかげです。
まわりの出店者さん達もとてもたのもしく、新たな繋がりができてうれしかったです。
差し入れを持って来てくれた友人や、忙しそうだからと手伝ってくれた友人にも、助けられました。
ほうき草(コキア)を提供してくださった青梅のSさん、ワークショップを一緒にやってくれたIさんにはたいへんお世話になりました。

イベントに参加すると、お立ち寄りくださるお客さんはもちろんのこと、周囲のささえてくださる方達の存在を、いつも以上に実感します。すべての関係者に感謝いたします。