mbira(ムビラ)ライブ 2018/6/4

アフリカ、ジンバブエの楽器 mbiraの演奏会 6月4日(月)にたとぱにでの開催が決まりました。
mbira(ムビラ)とは鉄と木でできた小さな楽器で、ジンバブエに住むショナ族古来のものです。
今回もムビラ奏者の実近修平さんと神崎英美巨さんお二人の合奏スタイルの演奏になります。
平日の夕方、遅めの時間からスタートなので、お仕事帰りの方も是非お立ち寄りください。

↑写真は前回3月の演奏会の時のもの。
布に囲まれた小さな空間で、床に敷いたラグの上で自由にくつろいでいただきながら、演奏を楽しめます。(椅子もいくつかございます)
目の前で奏でられる音に、心と体が浄化されるようで、私にとっても貴重なひとときです。
 

■日時:6月4日 月曜日
■会場:たとぱに1階
■開場 18:30
■開演 19:30
■お代 2300円(小学生以下無料)

ご予約はたとぱにまで。tel : 042:574-2169 mail : info@tatopani.jp

 
★実近修平 【プロフィール】
1981年10月16日生。山口県周南市出身。京都在住。
Africa Zimbabwe のショナ族に1000年間伝わる楽器MBIRAのソロ奏者。
ショナ族の Mbira player & Mbira maker の Rinos Mukuwurirwa Simboti に師事。
ジンバブエへの渡航は今年で9度目。日本では京都、東京、静岡、大阪を中心に演奏活動とムビラのワークショップをしている。
Facebook

昨年はmubiraの師匠をジンバブエから招き、日本国内を一緒にツアーで廻られていました。
演奏はもちろんのこと、曲の間のお話にもとても引き込まれる、独自の世界観のある方。
自称「健康おたく」だそうです…
 
 
★神崎英美巨
ブログ: mubiraとふんわり布と糸  http://mbiramikyo.exblog.jp/
神崎さんは縫い物の作家活動もされています。

数年前ビルの3階にあったたとぱにへ、ある日ひょっこりと現れた女子2人がおもむろにmubira(ムビラ)弾いてくれました。その時の一人が神崎さん。
ちょうど東日本大震災の直後で、こわばっていた心と体がほぐざれるような演奏でした。
神崎さんは、ほんわか可愛いらしいのに、単身ジンバブエに数ヶ月滞在してムビラを習ってきたという行動力も持ち合わせ、芯のある素敵な女性です。