自然栽培綿カーテン納品事例 1512

【1512 国立市 Kさん宅】
新築の一戸建て、各部屋の窓周りのご提案をしました。(設計:テラバヤシ・セッケイ・ジムシヨ
自然栽培綿カーテンだけでなく、一部にはロールスクリーンを使用しています。

一つ山縫製のドレープとレースの2重掛け。
▼ドレープ 布品番:Nー18 柿渋染めの糸を使ったこげ茶色のななこ織の生地。
▼レース 布品番:R−30 きなり色の透け感のある素朴な風合いの生地。
 
IMG_3663
 
リビングルーム、テラスに面した窓のカーテンです。

IMG_3661

IMG_3672
 
いくつかの小窓は、タイタック式で薄手の布のみかけました。
当初はロールスクリーンの予定でしたが、開閉することがあまりなさそうで目隠し機能だけならばということで、このようなスタイルになりました。ロールスクリーンよりもやわらかい雰囲気になりました。

せっかく写真撮影をしたのに、iphonのカメラの設定がスクエアになっていて、かつピンぼけ・・・後の祭りです。
 
新築の場合、家が完成間近になりあわててカーテン類をさがすケースも多いのですが、引っ越しまでの期日が厳しかったり、予算が残っていなかったりとあわてることもあります。
kさんの場合は、あらかじめ店頭でカーテンのサンプルやスタイルを見ていただき方針をたてておきました。そして最終的な仕様は、内装が仕上がった段階で現地にサンプルを持参し色合わせをして決めましたので、とてもスムーズでした。